サンドウィッチマン:「ZOO-1グランプリ」がレギュラー化 “オモカワいい”動物映像を放送 「オトラクション」後番組

TBSの社屋
1 / 1
TBSの社屋

 TBSは3月9日、4月期の番組編成を発表し、お笑いコンビ「サンドウィッチマン」がMCを務める「サンドウィッチマンのどうぶつ園飼育員さんプレゼン合戦 ZOO-1グランプリ」を毎週火曜午後7時にレギュラー放送することを明らかにした。全国の動物園の飼育員が、飼育する動物の自慢をプレゼンする番組で、過去に3回、特別番組が放送されている。

 飼育員だからこそ知っている、飼育する動物の個性を紹介し、グランプリを目指してプレゼン合戦を繰り広げる内容。「イケメン」「貴重映像」など、部門ごとに飼育員の投票でグランプリを決定する。

 編成部長の福士洋通さんは、「コロナ禍で殺伐とした番組ではなく、ほっこり癒やされて安心して見られるような番組が好まれていると考えて、編成を意識しました」とコメントした。

 CBC制作の番組がTBSのゴールデン帯(午後7~10時)で放送されるのは28年ぶりという。同時間帯には、中京テレビ制作のバラエティー番組「ヒューマングルメンタリー オモウマい店」が中京テレビ・日本テレビ系で放送されている。編成部企画統括の福田健太郎さんは、「わざわざ“CBC対中京テレビ”という意図はございませんでした」と説明。「CBCさんの制作陣は非常に力を入れています。系列局でコンテンツ力のアップをしていきたい。“オモカワいい”動物映像を次々と出していきたい」とアピールした。

 MCの「サンドウィッチマン」について、福田さんは「見ていてハラハラしない。おじさんたち2人が仲良い姿を見ているとほんわかできる。そして面白いというところが魅力」と語った。

 2021年4月から放送されている、ミュージシャンの西川貴教さんとお笑いコンビ「霜降り明星」がMCを務めるバラエティー番組「オトラクション」は3月で終了する。

 福田さんは「視聴率的には苦戦を強いられたが、TBSとして良いチャレンジだった」とコメントした。

最新記事

    {%ジャンル記事リスト1%} {%ジャンル記事リスト2%} {%ジャンル記事リスト3%} {%ジャンル記事リスト4以降%}