深川麻衣:「特捜9」新メンバーに「なぜ、私!?」 吹越満から“洗礼”も

4月6日スタートの人気刑事ドラマ「特捜9 season5」に出演する深川麻衣さん=テレビ朝日提供
1 / 1
4月6日スタートの人気刑事ドラマ「特捜9 season5」に出演する深川麻衣さん=テレビ朝日提供

 女優の深川麻衣さんが、4月6日にスタートする井ノ原快彦さん主演の人気刑事ドラマ「特捜9(ナイン)」(テレビ朝日系)の新シーズン「season5」に加入することが3月10日、明らかになった。正義感の強いしっかり者の女性刑事・高尾由真(たかお・ゆま)を演じる。

 深川さん演じる由真は、警視庁品川東署刑事課の刑事。仕事をそつなくこなして順調に自身の評価を高めてきた“優等生”だが、実は失敗を恐れるあまりチャレンジできない自分に少しいらだっている一面も。やがて、主人公・浅輪直樹(あさわ・なおき、井ノ原さん)ら「警視庁捜査1課特別捜査班(特捜班)」のメンバーと関わることで、気づかぬうちに自分の殻を破っていく……という人物になる。

 深川さんは「最初に『特捜9』の新シーズン出演のお話をお聞きした時は、正直なところ『なぜ、私に!?』ととても驚きました! これほど長きにわたってファンの方々から愛され続けている作品に参加させていただくこと、井ノ原(快彦)さんをはじめ、特捜班メンバーの皆さんとご一緒させていただくことは、すごく緊張しますが、それ以上にとても楽しみです」とコメント。

 「第1話の台本をいただき、私が演じる由真のセリフや言葉尻から、『どういう人なのだろう?』と想像を膨らませていましたが、あまり凝り固まらずに、由真という人物像を築いていければと考えています。というのも、先日クランクインし、最初の撮影が、吹越(満)さんと田口(浩正)さんとのシーンだったのですが、そこで実際に吹越さんのアドリブを目の当たりにしまして……。『これがうわさに聞いていた特捜9の現場なのか!』と実感できました(笑い)」と語る。

 さらに「私も皆さんとのお芝居の中で、その場で生まれるものを大事にしながら、由真というキャラクターを作っていければと思っています。今後、由真がどのような形で特捜班のメンバーと関わり、どのような事件に向き合っていくのか……ぜひ楽しみにしていただければうれしいです!」とアピールしている。

 「特捜9」は、警視庁捜査1課で検挙率ナンバーワンを誇る9係の刑事たちが、さまざまな事情を抱えながらも事件を解決する刑事ドラマシリーズ「警視庁捜査一課9係」(2006~17年)の後継作。個性派ぞろいの刑事たちが時に衝突しながらも、全力疾走で捜査に当たる姿を描く。

アニメ 最新記事