高田里穂:「仮面ライダーオーズ」泉比奈とは“一心同体” 「私の中から離れない」

「仮面ライダーオーズ 10th 復活のコアメダル」に出演する高田里穂さん
1 / 6
「仮面ライダーオーズ 10th 復活のコアメダル」に出演する高田里穂さん

 特撮ドラマ「仮面ライダーオーズ/OOO」の完全新作「仮面ライダーオーズ 10th 復活のコアメダル」(田崎竜太監督)が3月12日に公開される。テレビシリーズ最終話の10年後を舞台にした新たな物語で、再びヒロイン・泉比奈を演じる高田里穂さんに、10周年を迎えた心境やテレビシリーズ出演当時の思い出、比奈というキャラクターと「仮面ライダーオーズ」という作品に懸ける思いを聞いた。

 ◇10周年は「ありがたい気持ちでいっぱい」

 「仮面ライダーオーズ」は、平成仮面ライダーシリーズ12作目で、欲望から生まれたメダルを巡り、人間と怪人による争奪戦が描かれた。主人公の火野映司/オーズ役で渡部秀さん、アンク役で三浦涼介さん、後藤慎太郎/仮面ライダーバース役で君嶋麻耶さん、伊達明/仮面ライダーバース役で岩永洋昭さん、鴻上光生役で宇梶剛士さんらが出演していた。

 「仮面ライダーオーズ」が10周年を迎えた心境を、「あっという間だなという気持ちもあれば、まだ10年なのかという気持ちもある」と語る高田さん。「体感で言うとあっという間の方が近いですかね。10年たっても変わらず『仮面ライダーオーズ』を応援してくださる方がたくさんいて、本当にありがたい気持ちでいっぱいです」とファンへの感謝を口にする。

 新作について、「渡部君に以前から『仮面ライダーオーズ10周年の映画をやるかも』と言われていた」と明かし、製作決定を聞いた際は「ついに“いつかの明日”が来るんだなって。応援してくださるファンの皆様のために、私もまた比奈役をやりたいと思いました」と決意を新たにしたという。

 そんな新作では、消滅してしまった怪人アンクの復活と、新たな敵との戦いが描かれる。“アンクの復活”を知った時の印象を、「アンクもやっぱり一緒にいてほしかった」と話し、「『オーズ』の中にアンクがいないのは、私にとってはありえないこと。純粋にうれしかったし、ファンの方も喜んでくださるだろうと思いました」と笑顔を浮かべる。

 ◇テレビシリーズ撮影は「毎日が充実」 当時の渡部秀&三浦涼介の印象は…

 泉比奈に決まった当時のことを聞くと、「福岡県に住んでいて、オーディションを受けてから上京するまで2週間しかなかった」と切り出し、「本当にバタバタで両親にも心配をかけましたけど、撮影所の近くに住み、自転車で毎日通ってという生活だったので寂しさを感じることもなかった。現場に行けば大好きなみんながいて、スタッフさんも温かくも厳しい方々で毎日が充実していたので、あっという間の日々だった印象があります」と振り返る。

 そのころの渡部さんや三浦さんの印象を、「最初のリハーサルで渡部君と三浦君が部屋に入ってきた時、風が見えたような感じで『イケメンたちが入ってきた!』って(笑い)。君嶋君も一緒にいて、全員すごく爽やかな印象でした」という。

 今作での変化について「渡部君は年々、貫禄という風格が出てきているように思いますし、この人がいれば大丈夫だという安心感や説得力があるなと感じています」と語る高田さん。三浦さんについても「最初クールで厳しい人なのかなと思っていましたが、三浦君ほど“愛の人”はいないなと思うほど、繊細さが外に向かう強さを持っている人で、いつもいろんなことを教えてくれる優しいお兄ちゃん。常に誰に対しても全力で戦っているイメージは変わらないけど、それを愛がある言い方で伝えられるようになったのでは」と語る。

 ◇仮面ライダーヒロインの影響力に感謝 オーズは「スタートでありゴール」

 泉比奈というキャラクターについて「芸能人生の“核”となるような存在」と述懐する高田さん。「比奈という役があったからこそ、例えばニュースなどで取り上げられた際に『比奈ちゃん役の子だ』とも見てもらえるので、常に助けてくれる存在ですし、“一心同体”ですね」と表現する。

 仮面ライダーヒロインを演じたことについても、高田さんは女優業に「影響しかない」ときっぱり。「仮面ライダーオーズ』という作品で多くの人に知っていただける機会が増えましたし、比奈という役をやったからいただけた仕事もたくさんあります。私の芸能人生を変えてくれました」と語る。

 「オーズ」出演後から現在までの自身の変化を「プロ意識は高まったと思います」と切り出し、「芝居に対しては本気でしたが、それ以外の部分では楽しむことを重視してしまっていた部分もあって。今の方が伝えたいことや、この仕事をやる意味をちゃんと考えるようになったので、そういう部分は変わったかなと思います」と自己分析する。

 新作の感想を、「感情がジェットコースターのよう。この気持ちをどこにしまえばいいのと思ったまま終わっていく印象」と話し、「テレビシリーズをほうふつとさせるようなシーンや回想シーンもあり、バース2人組のタッグとか映司のせりふも全部テレビシリーズからの流れがあるので、そういうのはすごくグッとくる」と見どころを解説。比奈の注目ポイントについては、「怪力シーンがあります(笑い)」とちゃめっ気たっぷりにアピールする。

 最後に、自身にとって「仮面ライダーオーズ」がキャリアの中でどういう存在になったかを質問すると、「スタートでありゴール」と答えた高田さん。「年がたつに連れてその存在がどんどん大きくなってきた。ほかの代表作ができたとしても、比奈役はずっと私の中から離れないし、永遠に比奈ちゃんって呼ばれ続けると思う。そういう意味ではスタートでありゴールなのかなって思います」と神妙な表情で語っていた。

 「復活のコアメダル」は、期間限定で上映。8月24日にブルーレイディスク(BD)、DVDが発売される。(取材・文・撮影:遠藤政樹)

 ※田崎竜太監督の崎はたつさき

写真を見る全 6 枚

アニメ 最新記事