窪塚洋介:19年ぶりテレビドラマ「IWGP」以来 星新一の原作「ここ十数年で1、2を争う過酷な現場」

「星新一の不思議な不思議な短編ドラマ」の「処刑」に出演する窪塚洋介さん
1 / 2
「星新一の不思議な不思議な短編ドラマ」の「処刑」に出演する窪塚洋介さん

 俳優の窪塚洋介さんが、NHKで4~8月に放送される短編ドラマ「星新一の不思議な不思議な短編ドラマ」に出演することが3月16日、明らかになった。窪塚さんがテレビドラマに出演するのは、2003年に放送された「池袋ウエストゲートパーク(IWGP)」(TBS系)のスペシャル話「スープ」以来、約19年ぶりとなる。

 ドラマは、「ショートショートの神様」と呼ばれた小説家・星新一さんの「ボッコちゃん」「ようこそ地球さん」「なりそこない王子」などが原作。4月から毎週火曜午後9時45分~同10時に放送。窪塚さんは8月9、16日放送の「処刑」前後編に出演する。

 本作への参加の経緯について、窪塚さんは「昨年末、久しぶりにかっきー(柿本ケンサクさん)と西麻布で飲んでいた時に、積もる話も済んだころに彼がふと話し出した来年の話。いつも通りさりげなかったが、とても気になるものがあった。その理由は、柿本ケンサクが監督であることと、それが自分にとって久しぶりのTVドラマであること。そしてもちろん、星新一さんの作品であること。台本を読んで決めてほしいという彼の気遣いもそっちのけで、前のめりだったのは酒のせいでないことは言うまでもない」とコメント。

 「現場はここ十数年で1、2を争う過酷な(文字通り極寒の)現場だったが、扱うテーマの根源や皆の思いがにじみ出すような研ぎ澄まされたものになった」と手応えを明かし、「まだ完成を見てはいないけれど、すでに胸を張ってO.A.(オンエア)を心待ちにしています。今この時代に『処刑』という今作が、いかなる響きをもたらすか楽しみで仕方がないです」と期待を寄せている。

 滝藤賢一さん、村上虹郎さん、荒川良々さん、奈緒、リリー・フランキーさん、村上淳さん、竹原ピストルさん、夏帆さん、若葉竜也さん、柄本時生さん、玉山鉄二さん、田中直樹さん、加藤諒さんの出演も発表された。

 ◇放送日、出演者は以下の通り(敬称略)

 6月7日「白い服の男」 滝藤賢一、村上虹郎
 6月14日「ものぐさ太郎」 荒川良々
 6月21日「窓」 奈緒、リリー・フランキー
 6月28日「凍った時間」 村上淳

 7月5日「夜と酒と」 竹原ピストル、夏帆
 7月12日「ずれ」 若葉竜也
 7月19日「もてなし」 柄本時生
 7月26日「鍵」 玉山鉄二

 8月2日「買収に応じます」 田中直樹、加藤諒
 8月9、16日「処刑 前・後編」 窪塚洋介

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事