逃亡医F:最終話 “藤木”成田凌、“佐々木”安田顕と最終対決 驚きの真実が明らかに!?

ドラマ「逃亡医F」最終話の一場面=日本テレビ提供
1 / 3
ドラマ「逃亡医F」最終話の一場面=日本テレビ提供

 俳優の成田凌さん主演の連続ドラマ「逃亡医F」(日本テレビ系、土曜午後10時)最終第10話が3月19日に放送される。予告映像には「最凶最悪の敵を救うのか!?」「驚愕(きょうがく)の真実が明らかに!?」などの文字が並び、公式サイトのあらすじには「ついに、追い詰められた佐々木との最終対決」とある。

 藤木(成田凌さん)たちは、治療を終えた妙子(桜庭ななみさん)を「バイオネオ」から奪還。佐々木(安田顕さん)は藤木たちを捕まえようと血眼になる。

 妙子の意識が戻らない中、長谷川(桐山照史さん)が留置場で殺された、と刑事の筋川(和田聰宏さん)から藤木たちに連絡が入る。筋川と共に長谷川の妻・浩子(大後寿々花さん)に会いに行った美香子(森七菜さん)は、長谷川の残したUSBメモリーを発見。烏丸(前田敦子さん)は中のデータが佐々木の違法な秘密臨床試験に関係があると推理する。そんな中、ついに妙子が目覚める。

 佐々木は留置場の長谷川を殺したことで逃亡せざるを得なくなる。佐々木は幹(堺小春さん)に「DDSη(イータ)」と「ガイスト」、そして藤木の血液サンプルを守るよう言い渡す。

 一連の事件について説明するため警察に出頭する覚悟を固めた藤木だが、そこに佐々木から連絡が入り……。

 原作は伊月慶悟さん作、佐藤マコトさん画の同名マンガ(Jコミックテラス)。恋人殺害のぬれぎぬを着せられて指名手配された天才脳外科医・藤木が、逃亡の日々を送りながら、満足な道具も設備も無い中で人命を救うため奮闘する姿を描く。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事