悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました:テレビアニメが10月スタート 高橋李依が“悪役令嬢”に 梅原裕一郎、増田俊樹も

「悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました」のビジュアル(C)永瀬さらさ・紫真依/KADOKAWA/悪ラス製作委員会2022
1 / 13
「悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました」のビジュアル(C)永瀬さらさ・紫真依/KADOKAWA/悪ラス製作委員会2022

 小説投稿サイト「小説家になろう」などで人気の永瀬さらささんのライトノベルが原作のテレビアニメ「悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました」が10月から放送されることが分かった。メインキャストも発表され、高橋李依さんが、破滅ルート回避を目指し、魔王に婚約を迫る主人公のアイリーン・ローレン・ドートリシュ、梅原裕一郎さんがエルメイア皇国の第一皇子にして魔王のクロード・ジャンヌ・エルメイア、増田俊樹さんがアイリーンの元婚約者のセドリック・ジャンヌ・エルメイアをがそれぞれ演じることが分かった。羽原久美子さんが監督を務め、MAHO FILMが制作する。

 高橋さんは「アイリーンは、強くて美しくてカッコよいヒロイン。泣くよりも解決策を、落ち込むより戦うことを選ぶ、まさに『こういう人になりたい!』と思う、憧れの女性像でした。そして基本たくましいのですが、たまに垣間見える初々しい反応も魅力の一つです。アニメ化においても、たくさんの方に愛されるキャラクター、作品となりますよう、楽しく挑んでまいります!」と意気込んでいる。

 梅原さんは「一見冷徹なクロードですが、その実、純粋で心優しい魔王です。表面には出ませんが、彼の心の動揺が天候に現れてしまうところなどは、とても可愛らしいキャラクターだと思います。そんな彼の魔王としての強さ、心の繊細さを全力で演じさせていただきます。よろしくお願いします」とコメント。

 増田さんは「セドリック・ジャンヌ・エルメイアは、アイリーン、クロードに対して作中敵方の役回りなので、イメージの悪い描写が多く感じました。主人公たちがより輝けるように、とことん情けなく醜く演じられるよう努めたいと思います。リリアとのシーンが多いので、リリア役の方との悪役コンビも楽しみたいと思います」と話している。

 原作者の永瀬さんは「アイリーンたちがしゃべって動く日がくるなんて夢のようで信じられず、制作スタッフ様のご尽力を目にしてやっと実感が湧きました。今では皆様と一緒に、私も放送を心待ちにしています。どうかアニメのアイリーンたちも応援していただけますように! ここまでアイリーンたちを支えてくださったすべての皆様に、感謝を込めて」とコメントを寄せている。

 同作は、公爵家の一人娘のアイリーンが、婚約を破棄されたショックで前世の記憶を取り戻し、自分が乙女ゲームの悪役令嬢に転生していることに気が付き、破滅フラグの起点であるラスボスの魔王・クロードを攻略して恋人にしようとする……というストーリー。角川ビーンズ文庫(KADOKAWA)からライトノベルが刊行されており、シリーズ累計発行部数は110万部以上。

 ◇スタッフ(敬称略)

 監督:羽原久美子▽シリーズ構成・脚本:猪原健太▽キャラクターデザイン:牧内ももこ、小島えり、大場優子▽音楽:田渕夏海、中村巴奈重、櫻井美希、青木沙也果、佐久間奏▽アニメーション制作:MAHO FILM

 ◇キャスト(敬称略)

 アイリーン・ローレン・ドートリシュ:高橋李依▽クロード・ジャンヌ・エルメイア:梅原裕一郎▽セドリック・ジャンヌ・エルメイア:増田俊樹

写真を見る全 13 枚

アニメ 最新記事