刀剣乱舞-花丸-:新作アニメ第一幕「雪ノ巻」ビジュアル 初登場の山姥切長義、肥前忠広、南海太郎朝尊も

「特『刀剣乱舞-花丸-』~雪ノ巻~」のポスタービジュアル(C)2022 NITRO PLUS・EXNOA LLC/特『刀剣乱舞-花丸-』製作委員会
1 / 4
「特『刀剣乱舞-花丸-』~雪ノ巻~」のポスタービジュアル(C)2022 NITRO PLUS・EXNOA LLC/特『刀剣乱舞-花丸-』製作委員会

 人気ゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」が原作のアニメ「刀剣乱舞-花丸-」の新作3部作「特『刀剣乱舞-花丸-』~雪月華~」の第一幕「特『刀剣乱舞-花丸-』~雪ノ巻~」のポスタービジュアルが3月24日、公開された。刀剣男士の加州清光(かしゅうきよみつ)、大和守安定(やまとのかみやすさだ)、陸奥守吉行(むつのかみよしゆき)、山姥切国広(やまんばぎりくにひろ)のほか、新作で初登場する山姥切長義(やまんばぎりちょうぎ)、肥前忠広(ひぜんただひろ)、南海太郎朝尊(なんかいたろうちょうそん)が描かれた。刀剣男士が登場する本予告もYouTubeで公開された。

 刀剣男士が描かれたクリアファイル付きムビチケ前売り券が、4月1日に発売されることも発表された。新作3部作のクリアファイルをそろえると、86振りの刀剣男士が勢ぞろいするデザインとなる。

 「刀剣乱舞-花丸-」は、名刀を擬人化した刀剣男士を育成しながら戦う人気ゲームが原作。テレビアニメ第1期が2016年10~12月、第2期が2018年1~3月に放送された。

 新作「特『刀剣乱舞-花丸-』~雪月華~」は3部作で、3作を通して新たな刀剣男士24振りを含め計86振りの刀剣男士が登場する。第一幕「雪ノ巻」の監督を直谷たかしさん、第二幕「月ノ巻」の監督を越田知明さん、第三幕「華ノ巻」の監督を野呂純恵さんが務める。谷口淳一郎さんがキャラクターデザインを担当し、総作画監督を務める。動画工房が制作する。第一幕「雪ノ巻」が5月20日、第二幕「月ノ巻」が7月8日、第三幕「華ノ巻」が9月1日からそれぞれ劇場上映される。

写真を見る全 4 枚

アニメ 最新記事