聖闘士星矢:黄金聖闘士ビジュアルがAnimeJapanに 姫野美智描き下ろし

AnimeJapan 2022の東映アニメーションブースに登場した「聖闘士星矢」のビジュアル
1 / 3
AnimeJapan 2022の東映アニメーションブースに登場した「聖闘士星矢」のビジュアル

 車田正美さんの人気マンガが原作のテレビアニメ「聖闘士星矢」の35周年を記念したビジュアルが、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催中の国内最大級のアニメイベント「AnimeJapan(アニメジャパン) 2022」の東映アニメーションブースに登場した。総作画監督などを担当してきた姫野美智さんが黄金聖闘士(ゴールドセイント)を描き下ろしたビジュアルを“ほぼ等身大”で展示している。

 「聖闘士星矢」は、「週刊少年ジャンプ」(集英社)で1985年12月に連載をスタート。天馬星座(ペガサス)の少年・星矢ら“小宇宙(コスモ)”という特別な力を持った戦士・聖闘士(セイント)たちの戦いや仲間との友情が描かれた。テレビアニメが1986~89年に放送され、劇場版アニメなども制作された。俳優の新田真剣佑さんが主人公・星矢を演じる実写版ハリウッド映画「Knights of the Zodiac(聖闘士星矢)」が製作されることも話題になっている。

 アニメジャパンは、3月26、27日がパブリックデー、同28、29日がビジネスデーとなる。

写真を見る全 3 枚

アニメ 最新記事