鈴木崚汰:「かぐや様」は「実家のような安心感」 第3期で“裏主人公”石上もウルトラロマンティック!?

「かぐや様は告らせたい-ウルトラロマンティック-」に出演する鈴木崚汰さん
1 / 3
「かぐや様は告らせたい-ウルトラロマンティック-」に出演する鈴木崚汰さん

 「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載中の人気ラブコメディーマンガが原作のテレビアニメ「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」の第3期「かぐや様は告らせたい-ウルトラロマンティック-」が、4月8日から放送される。「かぐや様」といえば、四宮かぐや、白銀御行(しろがね・みゆき)による恋愛頭脳戦が見どころではあるが、魅力はそれだけではない。生徒会会計の石上優の成長も大きな見どころだ。“裏主人公”とも呼ばれる石上の成長を丁寧に演じる鈴木崚汰さんに、同作への思いを聞いた。

 ◇少しずつ変化する石上 やりがいも

 「かぐや様は告らせたい」は、秀才の集う秀知院学園を舞台に、プライドが高く「自分から告白したら負け」と互いに考えている生徒会副会長の四宮かぐやと生徒会長の白銀御行が、いかにして相手に告白させるかに知略を巡らせる姿を描いている。テレビアニメ第1期が2019年1~3月、第2期が2020年4~6月に放送された。

 取材していると、声優陣の「信頼感」を感じることも多い。鈴木さんも共演者に信頼を寄せている。

 「実家のような安心感があります。リラックスできて、アフレコになるといい緊張感もあるんですね。かけがえのない作品の一つです。チームワークも抜群です。芝居の予想もでき、家で練習をしているとイメージがわいてきます。ただ、実際には、みんなが自分の予想をいい意味で裏切ってくることがあるんです。成長できる現場です」

 石上は、挫折した過去があり、根暗だが、変化していく。第1期の初登場時と第3期ではイメージが変わったところもある。一方、変わらないところもあり、鈴木さんの演技の絶妙なニュアンスが素晴らしい。
 
 「石上は最初、暗いキャラクターで、初登場の時、かなりインパクトがありました。僕自身、か細い声で演じ、インパクトを考えていました。生徒会メンバーと交流する中で、ツッコミを入れるようになったり、第1期の最終話では、かぐやのために動く熱いところを見せたり、第2期では大きな成長もあったりと。体育会編の前後でも違いますしね。新しい一面を見せるところもあり、少しずつ変化する石上を演じることにやりがいを感じています。さらにここから成長させていくためにもっと考えていかないといけません」

 ◇富田様を笑わせたい!?

 鈴木さんが「かぐや様」の共演者について話す時、うれしそうな表情を見せるのが印象的だった。長く共演する中で、意外な一面を見せるキャストがいたようで……。

 「第2期から登場した伊井野ミコ役の富田美憂さんとは、別の現場で会ったことはあったのですが、しっかり共演するのは初めてでした。最初は、クールで冷たそうだな……と勝手なイメージを持っていました。正直、ちょっと怖かった(笑い)。石上とミコは犬猿の仲ですし、怖いくらいがいいのかな?とも思っていました。最初、笑わなかったんですよ。あの人、シャイなんですよ。僕もシャイなんですけど(笑い)。ただ、すごく笑ってくれるようになったんです。だから、アニメの関連番組とかでも『富田さんを笑わせたら勝ち!』という気持ちで、何とか笑わせようとしています。メンバーの仲がどんどん深まっています。打ち解けてよかった!」

 シャイな鈴木さんが「富田様を笑わせたい」と石上のように変化していったようだ。第3期で、石上はさらに変化する。

 「第3期は、ウルトラロマンティックな部分を楽しめます! 石上も恋愛頭脳線に参加してくるのか!?と楽しんでいただければうれしい。石上は体育祭がいいきっかけになり、変わってきました。石上のウルトラロマンティックな展開も楽しみにしてください!」

 石上のウルトラロマンティックとは!? 第3期の活躍に期待が高まる。

写真を見る全 3 枚

アニメ 最新記事