江口拓也:アニメ「SPY×FAMILY」 ロイドとの共通点は「仕事への覚悟」 声優は「一生できる壮大な暇つぶし」

「SPY×FAMILY」の一場面(C)遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会
1 / 14
「SPY×FAMILY」の一場面(C)遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

 集英社のマンガアプリ「少年ジャンプ+(プラス)」で連載中のマンガが原作のテレビアニメ「SPY×FAMILY」が、4月からテレビ東京ほかで放送されている。同作のメインキャラクターで、スパイのロイド・フォージャーを演じるのが人気声優の江口拓也さんだ。江口さんは自身とロイドに共通点があるといい「自分も仕事一筋で、仕事があるならほかものは捨てられる覚悟を持っている。極端なところは似ているかもしれない」と語る。ロイドの魅力、演技のこだわりを聞いた。

 ◇膨大なモノローグに「毎回ハラハラ」 二つの顔を演じ分ける

 「SPY×FAMILY」は、2019年3月に「少年ジャンプ+」で連載をスタート。すご腕スパイの<黄昏(たそがれ)>が、任務のためにロイド・フォージャーとしてかりそめの家族を作り、新生活を始める……というストーリー。スパイの父、超能力者の娘、殺し屋の母が互いに正体を隠して生活することになる。アニメは、「機動戦士ガンダムUC」などの古橋一浩さんが監督を務め、「進撃の巨人」シーズン1~3などのWIT STUDIO、「Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-」などのCloverWorksが制作。ロイドの娘となる超能力者のアーニャを種崎敦美さん、妻となる殺し屋のヨルを早見沙織さんが演じる。

 ロイドは、スパイ<黄昏>が極秘任務のために扮装(ふんそう)しているかりそめの姿だ。そのためモノローグと実際に話していることが全く違うというシーンも多い。江口さんは「本音と建前の対比は、作品の一つの味になっている」と魅力を語る。

 「台本もせりふとモノローグがテンポよく変わっていく部分がものすごく多いです。せりふとモノローグを別で収録する時もありますが、そのまま続けて録(と)ることも多いので、自分の中で明確に対比を作っていかないといけないのが結構大変な部分ではありますね」

 せりふとモノローグをどのように演じ分けているのだろうか。

 「モノローグは冷静沈着に理論立てて、整理しながらしゃべっているというか、常に思考しているというか。一方、通常のせりふは『こう振る舞ったら、こう思われるであろう』という人間の行動のシステムにのっとった最適解をやっている結果で、我々が日常でやっていることでもあるんですよね」

 江口さんは、「人は誰しも、これが当たり前とされる普通の部分と、特殊と思われる部分を両方持っていて、その二つを共存させながら生きていると思う。100%の自分を出すことが正解ではないと思いますし」といい、「ロイドの場合は、その究極系なんだろうなと思いながら演じています」と説明する。

 膨大なモノローグの収録に難しさも感じているという。

 「冷静なモノローグが長文で詰まっているので、スピード感が重要になってくる。乗っちゃえばいけるんですけど、毎回『大丈夫かな?』とハラハラしながらマイク前に立っています(笑い)」

 ◇声優業への思い 仕事に向かう原動力

(C)遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

 フォージャー家は、ロイド、アーニャ、ヨルがそれぞれ秘密を抱え、それぞれが大切なものを守ろうと行動する。江口さんは、ロイドの“核”は「正義」だと分析する。

 「彼の思う正義が根本にあるからこそ、いろいろな行動ができる。正しさに向き合ってる人なのかなと思いますね。その正しさがぶれないように、常に正しさへの問いかけをしているのではないかと思います」

 そんなロイドに自身と共通点も感じているという。

 「仕事の内容は全然違いますが、自分も仕事一筋でやってきて、仕事があるのなら、ほかのものは捨てられる覚悟を持っている。ロイドは自分の理想を守るためならいろいろなことをできちゃうタイプだと思うので、ある意味極端なところは自分と似ているのかな。でも圧倒的に違うのは、ロイドは対象が世界に向いていること。幼いころに戦争で傷付いた過去があって、自分のような思いをする子供ができないようにと思って行動しているので、そこは全然違うんですけど」

 江口さんが、仕事に向かう原動力は何なのだろう。

 「結局は『自分』なんだろうなと。人生というものを過ごす上で、僕は崇高な思想も持っていないですし、生まれてから死ぬまでどういうふうに過ごしていこうかなと。その上で楽しいと感じるものを増やしていきたいと思ってやってきた結果が今なので。そういった意味では、『一生できる暇つぶしを探す』というか(笑い)。極限に平和的かつ刺激的で、壮大な暇つぶし。あんばいが難しいんですけど、そう考えている部分はありますね。それで最初に白羽の矢が立ったのが声優の仕事。運よく食べていけるところまでいけたので、本当にいろいろなご縁でやってこれたなとすごく感じますね」

 江口さんはロイドを演じる上で難しさを感じながらも「スタッフや共演者とみんなでロイドを作っているという感覚。仕事ではありますけれど、楽しんでいる部分はありますね」と語る。難しさを楽しさに昇華させ、役に挑む江口さん。今後のさらなる活躍に注目だ。

 ※種崎敦美さんの「崎」は「たつさき」

写真を見る全 14 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る