島崎信長:「Free!-the Final Stroke-」 「みんながいてこそ泳ぎ切れた」 “ラスト”への思い

「劇場版 Free!-the Final Stroke-」の後編の舞台あいさつに登場した(左から)代永翼さん、鈴木達央さん、島崎信長さん、細谷佳正さん、平川大輔さん(C)おおじこうじ・京都アニメーション/岩鳶町後援会2021
1 / 14
「劇場版 Free!-the Final Stroke-」の後編の舞台あいさつに登場した(左から)代永翼さん、鈴木達央さん、島崎信長さん、細谷佳正さん、平川大輔さん(C)おおじこうじ・京都アニメーション/岩鳶町後援会2021

 水泳をテーマにしたアニメ「Free!」の新作劇場版「劇場版 Free!-the Final Stroke-」(河浪栄作監督)の後編の公開を記念した舞台あいさつが4月23日、MOVIX京都 ドルビーシネマ(京都市中京区)で行われ、七瀬遙役の島崎信長さんら声優陣が登場した。島崎さんは同作のラストシーンについて「あれは全員で泳いでるんだなってアフレコの時から思っていて。今まで関わってきた全員、真琴だったり、これまで遙と出会ってきた、つながってきた、関わってきたみんながいてこそたどり着けたラストだし、泳ぎ切れたなって」と思いを語った。

 舞台あいさつには、橘真琴役の鈴木達央さん、山崎宗介役の細谷佳正さん、葉月渚役の代永翼さん、竜ヶ崎怜役の平川大輔さんも登場した。島崎さんが観客に向けて「いかがでしたか?」と問いかけると、割れんばかりの大きな拍手が巻き起こった。

 島崎さんは公開を迎え、「うれしいです。よかったなって。後編ということで喪失感とか、逆に肩の荷が降りたみたいな、何かを失ったような気持ちが生まれるんじゃないかなとアフレコの前は思っていたんです。でも収録が終わっても、完成したものを見ても、こうして皆さんの前に立っても、何も失った気持ちにはなっていないなというのが率直な感想です」とコメント。「彼らの人生はまだまだ続いていくし、輝かしい未来がいくらでも思い浮かんでくるので、こんなに前向きな希望にあふれた気持ちでいられるんだなって思っています」と話した。

 「Free!」は、京都アニメーションのライトノベルレーベル「KAエスマ文庫」で発売されたおおじこうじさんの「ハイ☆スピード!」が原案。水泳好きだった高校生の七瀬遙が仲間と共に水泳部を設立し、ライバルとの戦いを経て、泳ぎへの情熱を取り戻していく……というストーリー。テレビアニメ第1期が2013年7~9月、第2期が2014年7~9月、第3期が2018年7~9月に放送された。

 新作劇場版は前後編で、前編が2021年9月、後編が4月22日に公開された。

写真を見る全 14 枚

アニメ 最新記事