佐野勇斗:“10キロ以上増量”で陸自候補生役に挑戦 7月期「テッパチ!」で初のフジ連ドラ 

今年7月期に放送される連続ドラマ「テッパチ!」に出演する佐野勇斗さん(C)フジテレビ
1 / 1
今年7月期に放送される連続ドラマ「テッパチ!」に出演する佐野勇斗さん(C)フジテレビ

 俳優の佐野勇斗さんが、町田啓太さん主演で今年7月期に放送される連続ドラマ「テッパチ!」(フジテレビ系、水曜午後10時)に出演することが5月1日、分かった。「TOKYO MER~走る緊急救命室~」(TBS系、2021年)や「真犯人フラグ」(日本テレビ系、2021~22年)など数々の連ドラに出演してきた佐野さんだが、フジテレビ系の連ドラに出演するのは初めて。陸上自衛官候補生役で、“10キロ以上増量”したことも明かされた。

 ドラマは、陸上自衛隊を舞台に、青年たちの成長と熱い思いを描くオリジナル作。挫折を経験し“やけっパチ”な人生を送る国生宙(こくしょう・ひろし、町田さん)が、生半可な気持ちで入隊した陸上自衛隊で、身を守る鉄帽“テッパチ”をかぶるにふさわしい一人前の自衛官になっていく姿を描く。撮影には防衛省が全面協力し、エキストラを本物の自衛官が務めるほか、実際に使用されている車両やヘリコプターも登場する。

 佐野さんが演じるのは、主人公・国生の自衛官候補生の仲間の馬場良成(ばば・よしなり)。馬場は学生時代、トランペット奏者として吹奏楽部に励んでいたが、大学卒業後は音楽から離れて、一般企業に就職。だがある日、街中で自衛隊音楽隊が演奏しているのを目にして、音楽に携わりたいという思いが再燃し、自衛官候補生への道に進む。真面目で優しい性格の持ち主で、個性強めな自衛官候補生たちの中で“緩和剤”的な存在に。座学も優秀だが、優しすぎるが故にそれが欠点になってしまうことも……。適当な気持ちで入隊してきた“破天荒”な宙とは真逆な性格で、宙よりも年下だが、どんどん絆が深まっていき、互いに誰よりも頼れる大切な存在になっていく。

 佐野さんは「オファーをいただいた時、陸上自衛隊の物語と聞き、『すぐにやりたい!』と思いました。友情、汗、涙といった熱い作品がすごく好きなので、キャスト、スタッフの皆さんと熱い夏を過ごせるのがすごく楽しみです」とコメント。「今作を通して、陸上自衛隊のことを知れば知るほど、“素晴らしい職業なんだ”ということを感じます。今作は、コメディー要素も多い内容になっているので、見てくださる皆さんが、少しでも陸上自衛隊に興味を持ってくださるような作品が作られたらと思います!」と意気込んだ。

 「また、肉体を作るために10キロ以上増量しました。体を見せるシーンも多くあるので、注目してほしいです(笑い)! キャスト、スタッフ含め、ものすごく気合が入っております! 熱く、面白く、泣ける。そして、男たちの肉体美が光る! そんな作品になると思います。ぜひ、楽しみにしていてくだささい!」とアピールした。

 企画・プロデュースを担当する共同テレビの栗原美和子さんは「馬場はとても難しい役です。若いのにチームをまとめるリーダー的存在で、優しくて温かい男性ですが、宙に負けないくらい熱い心を持っています。陸上自衛隊員には、どんな素質が必要なのか?  何が求められているのか? ということを視聴者に見せていくポジションでもあります。佐野さん演じる爽やかイケメン馬場に、どうぞご期待ください!」と呼び掛けた。

テレビ 最新記事