機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島:“赤い彗星”シャア登場 シャア専用高機動型ザクIIも 安彦監督が登場理由を説明

「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」に登場するシャア・アズナブル、シャア専用高機動型ザクII(C)創通・サンライズ
1 / 2
「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」に登場するシャア・アズナブル、シャア専用高機動型ザクII(C)創通・サンライズ

 アニメ「機動戦士ガンダム」のアニメーションディレクターやキャラクターデザインなどを担当した安彦良和さんが監督を務める劇場版アニメ「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」(6月3日公開)に人気キャラクターの“赤い彗星(すいせい)”シャア・アズナブルが登場することが分かった。シャア役の声優の池田秀一さんが出演する。

 「ククルス・ドアンの島」は、1979年に放送された「機動戦士ガンダム」のテレビアニメ第15話のエピソードで、主人公のアムロ・レイ、敵対するジオン軍の脱走兵ドアンの交流を通じて、戦争の哀愁が描かれた。劇場版では第15話を改めて描く。第15話にはシャアは登場しない。

 安彦監督は、劇場版「ククルス・ドアンの島」にシャアが登場する理由を「長く愛されているシャア・アズナブルというキャラクターを登場させることによって、ファンの方だけでなくたくさんの方に喜んでいただける。そして、池田秀一さんにご参加いただくということは作品の魅力がさらに上がると思い、新たにこの『ククルス・ドアンの島』に描き加えました。ぜひ、この新しい魅力と共に本作を楽しみにしていてください」と説明している。

 シャア専用高機動型ザクIIの設定画、総作画監督、キャラクターデザインの田村篤さんが描き下ろしたシャア、シャア専用高機動型ザクIIのイラストも公開された。

写真を見る全 2 枚

アニメ 最新記事