BASTARD!!:展示会に100点以上の原稿 等身大ヨーコも

「BASTARD!!-暗黒の破壊神-」の展示会「BASTARD!! EXHIBITION!!」のビジュアル(C)萩原一至/集英社・BASTARD!! 製作委員会
1 / 2
「BASTARD!!-暗黒の破壊神-」の展示会「BASTARD!! EXHIBITION!!」のビジュアル(C)萩原一至/集英社・BASTARD!! 製作委員会

 1988年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載をスタートした萩原一至さんの“伝説”のファンタジーマンガが原作のアニメ「BASTARD!!-暗黒の破壊神-」の展示会「BASTARD!! EXHIBITION!!」が開催されることが分かった。7月1~18日にタワーレコード渋谷店(東京都渋谷区)のSpaceHACHIKAI、8月26日~9月11日にタワーレコードあべのHoop店(大阪市阿倍野区)のSpaceABENOで開催される。100枚以上のモノクロ、カラー原稿のほか、ヨーコの等身大スタンディーパネルが展示され、グッズを販売する。

 「BASTARD!!」は、1987年に「週刊少年ジャンプ」に読み切り「WIZARD!!~爆炎の征服者~」が掲載され、1988年に連載をスタート。近代文明の崩壊から400年後、魔法と剣が支配する混沌(こんとん)の中にあった世界で、かつて世界支配をもくろんだ最強にして最狂、伝説の魔法使いダーク・シュナイダーが復活し、活躍する姿を描いている。「ウルトラジャンプ」(同)などでも連載されたが、長期休載している。コミックスの累計発行部数は3000万部以上。

 1992~93年にOVA(オリジナル・ビデオ・アニメ)が制作されており、約30年ぶりにアニメ化されることも話題になっている。新作アニメは、Netflixで6月30日から配信される。

写真を見る全 2 枚

アニメ 最新記事