宝石の国:1年半ぶり連載再開へ 次号「アフタヌーン」に 「1万年ぶりのお待たせ!!」

「宝石の国」のコミックス第11巻のカバー
1 / 1
「宝石の国」のコミックス第11巻のカバー

 テレビアニメ化もされた市川春子さんの人気マンガ「宝石の国」が、6月24日発売の連載誌「月刊アフタヌーン」(講談社)8月号で約1年半ぶりに連載を再開することが明らかになった。5月25日発売の同誌7月号で「次号『宝石の国』連載再開!」「1万年ぶりのお待たせ!!」と発表された。

 同作は、第95話が掲載された2020年12月25日発売の2021年2月号で「次号より『宝石の国』はしばらく休載させていただきます。再開時期は本誌および公式HPにて告知いたします」と発表され、休載していた。

 「宝石の国」は、遠い未来、かつて存在した生物が不死の宝石になった世界を舞台に、月から飛来する謎の敵、月人(つきじん)と宝石たちの戦いを描いている。テレビアニメが2017年10~12月に放送された。

アニメ 最新記事