アニメ1週間:「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」冒頭10分公開 「映画『五等分の花嫁』」好スタート

「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」の一場面(C)創通・サンライズ
1 / 1
「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」の一場面(C)創通・サンライズ

 1週間のアニメのニュースをまとめて紹介する「アニメ1週間」。今回(5月22~28日)は、「映画『五等分の花嫁』」が公開3日間で興行収入が約3億9000万円を記録したニュースや「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」の冒頭10分の映像が公開された話題などが注目された。

 22日、「Re:CREATORS」「アルドノア・ゼロ」などのTROYCA(トロイカ)とDMM picturesが共同で原案を手がけるオリジナルテレビアニメ「忍の一時」が10月から放送されることが分かった。忍者の世界の戦いを描くアニメで、逢坂良太さんが主人公で、伊賀忍者の第19代正当後継者、櫻羽一時を演じる。

 23日、長編商業アニメの映画祭「第1回新潟国際アニメーション映画祭」が、2023年3月に新潟で開催されることが分かった。押井守監督が審査委員長、KADOKAWAの上級顧問の井上伸一郎さんがフェスティバル・ディレクターを務める。2023年以降毎年、開催予定で、長編アニメのアジア最大の祭典を目指す。

 23日、春場ねぎさんの人気ラブコメディーマンガが原作のアニメ「五等分の花嫁」の劇場版アニメ「映画『五等分の花嫁』」(神保昌登監督)が、5月20日の公開から3日間で、累計興行収入が約3億9000万円を記録したことが分かった。観客動員は約29万人を記録するなど好スタートを切った。同日に発表された21、22日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)では、初登場で2位にランクインした。

 24日、人気グループ「Kis-My-Ft2(キスマイ)」の宮田俊哉さんが、人気アニメ「プリキュア」(ABC・テレビ朝日系)シリーズの第19弾「デリシャスパーティ プリキュア」に声優として出演することが分かった。宮田さんが「プリキュア」シリーズに出演するのは初めて。和実(なごみ)ゆい/キュアプレシャスが通う中学校の生徒会長・菓彩あまねの双子の兄、ゆあんとみつきを演じ、一人二役に挑戦する。ゆあんとみつきは、6月5日放送の第13話から登場する。

 25日、「ニトロプラス」のスマートフォン用ゲーム「咲(わら)う アルスノトリア」がテレビアニメ化され、7月6日からTOKYO MXほかで放送されることが分かった。アニメのタイトルは「咲う アルスノトリア すんっ!」で、ゲームと同じく久野美咲さんがアルスノトリア役、花井美春さんがメル役、富田美憂さんが小アルベール役、幸村恵理さんがピカトリクス役、松井恵理子さんがアブラメリン役として出演する。

 25日、小説投稿サイト「小説家になろう」などで人気のライトノベルのコミカライズ「農民関連のスキルばっか上げてたら何故か強くなった。」がテレビアニメ化され、10月から放送されることが分かった。榎木淳弥さんが、主人公の“最強の農民”アル・ウェインを演じるほか、田中美海さんがファル・イース・メイギス役、大久保瑠美さんがヘレン・リーン役、諏訪彩花さんがルリ役として出演することも発表された。

 26日、「月刊少年シリウス」(講談社)ほかで連載中の山田ヒツジさんのマンガ「デキる猫は今日も憂鬱」がテレビアニメ化され、2023年に放送されることが分かった。同日発売の同誌7月号で発表された。

 27日、アニメ「機動戦士ガンダム」のアニメーションディレクターやキャラクターデザインなどを担当した安彦良和さんが監督を務める劇場版アニメ「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」(6月3日公開)の冒頭10分の映像がYouTubeで公開された。灯台を背景に遠くから銃撃音が聞こえるシーンから始まり、地球連邦軍のRGM-79ジムと正体不明の異形のザクの地上戦などが描かれている。

アニメ 最新記事