呪術廻戦 幼魚と逆罰編:第10話「無為転変」 伊地知の作戦失敗? 七海と真人が相まみえる

「『呪術廻戦』幼魚と逆罰編」の第10話「無為転変」の一場面(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
1 / 2
「『呪術廻戦』幼魚と逆罰編」の第10話「無為転変」の一場面(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

 「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の芥見下々(あくたみ・げげ)さんのマンガが原作のテレビアニメ「呪術廻戦」の「『呪術廻戦』幼魚と逆罰(さかばち)編」の第10話「無為転変」が、MBS・TBS系で6月5日午後5時に放送される。

 吉野順平の調査を任された虎杖悠仁(いたどり・ゆうじ)は、補助監督の伊地知潔高に作戦を聞く。低級の呪いに吉野を襲わせ、反応を確かめるというが作戦は失敗し、虎杖は吉野に直球で声をかける。結果的に嫌悪する担任教師を追い払ってくれた虎杖を見て、吉野は話を聞く気になる。一方、真人(まひと)のアジトを突き止めた七海建人は地下水路で真人と相まみえるのだった。

 「呪術廻戦」は2018年から同誌で連載中。強力な“呪物”の封印が解かれたことで、高校生の虎杖悠仁が呪いを巡る戦いの世界に身を投じることになる……というストーリー。テレビアニメ第1期が2020年10月~2021年3月に放送された。第2期が2023年に放送される。

 MBS・TBS系の日曜午後5時のアニメ枠“日5”では、テレビアニメ第1期の第9~13話にあたる「幼魚と逆罰編」を「『呪術廻戦』幼魚と逆罰編」として再放送する。第1~8話にあたる「呪胎戴天編」が「『呪術廻戦』呪胎戴天編」として4~5月に再放送された。

写真を見る全 2 枚

アニメ 最新記事