マジンガーZ:50年目の革命・進化!の超合金魂 完全新規造形 ガラダK7、ダブラスM2も

「マジンガーZ」のマジンガーZの玩具「超合金魂 GX-105 マジンガーZ 革進 -KAKUMEI SHINKA-」
1 / 11
「マジンガーZ」のマジンガーZの玩具「超合金魂 GX-105 マジンガーZ 革進 -KAKUMEI SHINKA-」

 1970年代を中心に人気を集めたロボットアニメ「マジンガーZ」に登場するマジンガーZの玩具が、バンダイスピリッツの「超合金魂」シリーズから「超合金魂 GX-105 マジンガーZ 革進 -KAKUMEI SHINKA-」として発売されることが分かった。キャッチコピーは「50年目の革命・進化!」で「マジンガーZ」のテレビ放送50周年となる12月に発売される。

 完全新規造形で、肘の可動と射出ギミックを両立し、パーツ差し替えなしでロケットパンチを発射できる。股関節と太もも部の新規構造によって、膝立ちなど自然なポージングを実現。腹部からのミサイル発射ギミックを備えるほか、ジェットスクランダーを装備する。価格は1万2980円。6月16日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催中の日本最大の玩具見本市「東京おもちゃショー2022」でお披露目された。

 機械獣2体のセット「超合金魂 機械獣2体セット GX-25R ガラダK7 & GX-26R ダブラスM2」が2023年1月に発売されることも発表された。新規造形によって、ガラダK7の頭部の鎌、ダブラスM2の首などをアニメの設定に近い形状にリニューアルした。価格は1万9800円。
 
 「東京おもちゃショー2022」は、バンダイ、タカラトミーなど96社が出展し、約2万点の玩具を展示。約3年ぶりの開催となった今年は、6月16、17日に関係者向けの商談見本市として実施され、一般公開されない。

写真を見る全 11 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画