SPY×FAMILY:種崎敦美×早見沙織 最強、尊敬、宇宙? ヨル役は「早見さんしかいない」 「絶対最高」のアーニャ

「SPY×FAMILY」の一場面(C)遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会
1 / 19
「SPY×FAMILY」の一場面(C)遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

 集英社のマンガアプリ「少年ジャンプ+(プラス)」で連載中の遠藤達哉さんの人気マンガが原作のテレビアニメ「SPY×FAMILY」。4月にテレビ東京ほかで放送をスタートし、放送日になるとツイッターで関連ワードがトレンド入りするなど大きな盛り上がりを見せている。アニメの魅力は、キャラクターを生き生きと描く「神作画」はもちろん、フォージャー家を演じる声優陣によるところも大きい。アーニャ・フォージャー役の種崎敦美さん、ヨル・フォージャー役の早見沙織さんにアフレコの様子、互いの魅力について聞いた。

 ◇台本にはないヨルのほほ笑み 「母のようです」

 --「SPY×FAMILY」では、スパイの父、超能力者の娘、殺し屋の母が互いに正体を隠して生活することになるという“かりそめの家族”の物語が描かれています。アーニャ役を種崎さん、ヨル役を早見さんが演じると知った時はどう感じましたか。

 早見さん 種崎さんのアーニャさんは、もう間違いないだろうなという感じがしました。

 種崎さん 私も「ほ~らねっ」と思いました(笑い)。「ヨルさんは早見さんですよ」って。原作を読んでいた時の脳内キャスティングのまんまだったのがうれしかったです。アーニャとして、早見さんが演じるヨルさんと掛け合える、演じられるんだと思って、すごくうれしかったです。一緒に作っていけるんだって。

 早見さん 私もそうですね。絶対可愛いアーニャさんになると思いました。「SPY×FAMILY」は、コミカルなシーンも、可愛らしいシーンも、胸を打つシーンも、アーニャさんの表情がすごく豊かで、アーニャさんあってこそ輝く作品だと思っているので、そういうあらゆる面を含めて、一つ一つが絶対最高のアーニャさんになるんだろうなと感じました。

 --ロイド役の江口拓也さん、種崎さん、早見さんによるフォージャー家のやり取りは、コミカルさがありつつも、思わずほっこりとさせられるような温かさを感じます。アフレコの様子は?

 早見さん 本当にお二人に引っ張っていただいてるなと感じます。お二人の表現される言葉を聞いて、すごく心がじんわりと温かくなることも多いですし、楽しい気持ちになったり、優しい気持ちになったり、すてきなものを渡してくださっていて。お二人がいらっしゃるから、自分もこの作品で楽しくやれているんだろうなと感じますね。

 種崎さん 意識してませんでしたが、言われてみたらヨルさんって、自分からぽんって投げるというよりは、受ける感じですね。

 早見さん そうなんですよね。ヨルさんは見守り係なので(笑い)。

 種崎さん ヨルさんというか、早見さんが「受けます……!」という感じでそこにいてくださる。受け止めてくれるのが分かっているから、私も好き勝手できるというか。早見さんが意識してそうしてくださっているのか分からないんですけど、ヨルさんはずっと笑っていてくれるんです。台本には書かれていないほほ笑みをよく入れてくださる。

 早見さん えっ、無意識だと思います。ほほ笑みが台本に書いてある場合もありますけど、会話の中ですごく楽しい気持ちにしてくださるお二人がいるから笑みも自然とこぼれる。

 種崎さん そのほほ笑みがあるのとないのとでは、こちらの心持ちも全然違うんです。いつも笑っていてくれます。母のようです。

 ◇「ふわっとしているけど芯がある」 ヨル役の難しさ

 --早見さんは、ヨルをどのようなキャラクターと捉えていますか。

 早見さん ヨルさんって絶妙で、やればやるほど奥が深くて、迷うことも多くなっちゃったりして。ヨルさん自身は、無意識だと思うのですが、すごくバランス感覚がある人というか。見守る時は見守るけど、スイッチが入ると、ものすごい力を発揮する。演じる上では、いろいろな意味で毎回試行錯誤していて。出しすぎ、やりすぎ、遊びすぎとか、〇〇しすぎるとNGになることもあって、そこが結構探りどころです。私の中にも、スタッフさんの中にもある「ヨルさんらしさ」をどういうふうに表現していこうかと。ヨルさんのことを言葉にするのは、すごく難しい。

 --先ほどから種崎さんが早見さんのお話に深くうなずいていますが……?

 種崎さん 私は、最初にヨルさん役でオーディションの話が来ていたんですけど、「私にヨルさんは多分無理だ」と思ったんです。その理由がこれかもしれないと思いながら、今聞いていました。

 早見さん えっ!?

 種崎さん 原作を読んでいて「あ、ヨルさん難しい……!」と思って。つかめないというか、どこが“真ん中”なのかが読めなかったというか。私は原作を読みながら「ヨルさんは早見さんしかいない」と思っていたんですけど、それは早見さんが元々持っているお声、品の良さはもちろん、ヨルさんの「ふわっとしているけど芯がある」ところを表現できるのは早見さんだけだと思ったからだと。今、お話を聞いていて答えが分かりました。

 早見さん いやいや、そんな……。基本的に、ヨルさんは受け手のことが多いので、その中でどう表現していくか。ヨルさんの人柄は、3人の関係性の中で見えてきたりするので、原点に返って、何も考えず、感じるままに出てきたもののほうがハマるというか。お二人がマイクの前で表現される一つ一つのせりふを傾聴して、受け取っていくのが大事なのかなと。

 --種崎さんは、早見さん演じるヨルさんのすごさを感じる瞬間は?

 種崎さん 端々というか、毎話、全せりふで感じています。

 早見さん それはお互い様ですよ。

 種崎さん 何も考えずに早見さんの中からスーッと出てきたものが絶妙というか。早見さんがちょっとヨルさんぽさを持っているからなのかなって(笑い)。ふわふわしてらっしゃるところも、決める時は決めるところも、キャラクターの要素が自分の中に多くあるからなんじゃないかなって。

 --早見さんは、ご自身にヨルの要素があると感じますか。

 早見さん うーん、ヨルさん要素……。

 種崎さん なんとなくですがそこは自分で自覚していてほしくない気もします(笑い)。周りの人が見ていて「似てる……」となるのがちょうどいいというか、それすら要素の一つというか。

 ◇早見沙織は「宇宙」 種崎敦美は“精神的お姉さん”

 --種崎さんと早見さんは、これまでも共演が多く、プライベートでも親交があるとのこと。互いの役者としての印象は?

 種崎さん 声優としての印象ですか……最強。

 早見さん それはもう、そっくりそのままお返ししますよ!

 種崎さん あと、早見さんは宇宙。「この先はどこ? というか……宇宙って……果てがないんだよな……」みたいな感じ(笑い)。

 早見さん 私はなんだと思われているんでしょう(笑い)。

 種崎さん 本人的には、仕事に対して「どうしよう?」と思っていたり、プレッシャーを感じていたとしても、こちらの想定以上にどうにかしちゃうんだよな!と思っています。

 早見さん いやいや、そう思っていただけるのはありがたいですけど。先ほどヨルさんとの共通点の話になりましたけど、ヨルさんって、結構不安になりがちというか、「大丈夫かこれで?」と不安に思っている時があるんですけど、そこはすごく気持ちが分かります。私もヨルさんを演じていて「これで大丈夫かな?」と思っていたりして、江口さんと種崎さんの温かい言葉によって、ホッとして頑張ろうと思えるので。

 種崎さん あ、今もしかして不安なのかな……?とかはそばで見ていて分かるようになってきました。全然不安になるようなことなんてないのに。でも、早見さんはそこも含めて宇宙のように無限というか。人間って、不安だから努力し続けるじゃないですか。だから、全部込み込みで早見さんは宇宙。不安とか、怖いがあるからこそお芝居に魅力も深みも増すんだと思います。

 早見さん そう言っていただけると、また元気が出ます。敦美さんは、年々お付き合いが長くなるにつれ思いますけど、根が真面目ですね。

 種崎さん クソ真面目です、私。

 早見さん 真面目で努力家なんです。一般的な言葉になってしまう……私も敦美さんみたいにコスモ的なことを言いたいんですけど(笑い)。着実に物事を積み上げて人生を築き上げているところが尊敬する部分ですし、刺激をもらう部分です。何でもできる才能をお持ちですけど、その基軸に堅実さがある。私にとっては、一緒にいると穏やかに過ごせる、精神的なお姉さん的存在というか。話を聞いてもらって気付くこともありますし、すごく幸せな気持ちになれます。

 種崎さん こんなふうに仲良くなれる前は、ただただ尊敬の対象だったので。最強で、宇宙で、尊敬する人がそのように言ってくださるなんて、どうしよう……。ずっとそんなふうに居られたらいいなと思える友人の一人です。役者としてというか、もう人として見てます。

 早見さん こういうお仕事をしていると、その方の人柄とキャラクターはリンクしてきて、役者としての印象は人柄の印象になってくるんです。

 種崎さん だからこそ、私は「ヨルさんは早見沙織しかいないんだ」って、ずっと思っていたので。

 早見さん こちらこそですよ。種崎さんの表現される一つ一つがアーニャさんですから。

 「SPY×FAMILY」は、2019年3月に「少年ジャンプ+」で連載をスタート。すご腕スパイが、任務のためにかりそめの家族を作り、新生活を始める……というストーリー。スパイの父、超能力者の娘、殺し屋の母が互いに正体を隠して生活することになる。アニメは、「機動戦士ガンダムUC」などの古橋一浩さんが監督を務め、「進撃の巨人」シーズン1~3などのWIT STUDIO、「Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-」などのCloverWorksが制作。テレビ東京系で毎週土曜午後11時に放送。

 ※種崎敦美さんの「崎」は「たつさき」

写真を見る全 19 枚

アニメ 最新記事