関ジャニ∞大倉忠義:活動再開へ 右低音障害型難聴、両側耳鳴りの症状で療養 スタジアムライブ「18祭」のリハから「徐々に」

活動再開を発表した関ジャニ∞の大倉忠義さん
1 / 1
活動再開を発表した関ジャニ∞の大倉忠義さん

 人気グループ「関ジャニ∞」の大倉忠義さんが活動を再開することが6月17日、明らかになった。同日、ジャニーズ事務所の公式サイト「Johnny’s net」で発表された。大倉さんは右低音障害型難聴と、両側耳鳴りの症状のため、4月29日に一定期間の活動休止を発表していた。

 事務所は「ファンの皆様や関係者の皆様がご理解くださり、大倉に時間をいただきましたことで、耳への負担に配慮しながら穏やかに療養生活を送ることができました。その結果、症状も安定してまいりましたので、医師と協議し、関ジャニ∞メンバーやスタッフとの話し合いを経て、この度、活動を再開することといたしました」と報告。

 「一方、今回は、完治に至るほど十分な時間を確保することはできておりませんので、以前に比べて不安は軽減されているものの、今後も症状と付き合いながら活動してまいります」といい、「そのため、当面は、スタジアムLIVE『18祭』に向けたリハーサルを中心に活動を再開させていただき、徐々に元気な姿をお見せする機会が増えていきますよう努めてまいりますので、ご理解賜れますと幸いでございます」とコメントした。

芸能 最新記事