間宮祥太朗:「ナンバMG5」クランクアップで大号泣 「続編で会うつもりでいるので、夜露死苦~!」

連続ドラマ「ナンバMG5」をクランクアップした間宮祥太朗さん(C)フジテレビ
1 / 5
連続ドラマ「ナンバMG5」をクランクアップした間宮祥太朗さん(C)フジテレビ

 俳優の間宮祥太朗さんがこのほど、主演の連続ドラマ「ナンバMG5(エムジーファイブ)」(フジテレビ系、水曜午後10時)のクランクアップを迎えた。親友の伍代直樹役の神尾楓珠さん、大丸大助役の森本慎太郎さんと共にクランクアップした間宮さんは、撮影現場で終始涙ぐみ、最後は大号泣していたという。

 クランクアップの日に撮影されたのは、6月15日に放送された第9話のラストシーン。雨の中のケンカのシーンで、びしょぬれで血まみれだった間宮さん、神尾さん、森本さんは、カットがかかり、スタッフからクランクアップが告げられると、3人で熱い抱擁を交わした。

 あいさつを求められた森本さんは、「原作を読んだ時に大丸が一番好きだったので、その役をやれたこと、大丸と共に成長できたことがすごくうれしくて、感謝しかありません。皆さんに支えていただき、この温かい現場に来るのがとても楽しかったです。人生で一番の作品と言ってもいいくらいの作品に出会えたと思っています。本当にありがとうございました!」とコメント。

 神尾さんは、「僕は人見知りですし、最初は緊張してなかなか話せなかった部分もあったのですが、間宮くんをはじめスタッフの皆さんも諦めずに僕に接してくださって。それが本当に救いでした。アクションも最初は自信がなくて不安しかなかったのですが、皆さんが『大丈夫、大丈夫』と声をかけてくださって、そのおかげで、最後の回し蹴りが決まったと思います。この作品に参加できて本当に幸せでした」と感謝を述べた。

 2人のあいさつを涙ぐみながら聞いていた間宮さんは、自身のあいさつの番がくると、「終わっちまったなー! 本当に、愛情しか感じなかった現場でした。共演者の皆さんの愛情、ゲストで出演していただいた方たちの愛情、各部署のスタッフの皆さんの愛情。それらを“全身全霊の芝居で返したい”と、こんなにも実感した現場はありませんでした。また続編で会うつもりでいるので、夜露死苦~! 本当にありがとうございました!!!!!」と熱く語った。

 その後、スタッフから29歳の誕生日を祝福されるサプライズもあった。キャスト、スタッフ全員からの寄せ書きパネルを贈られた間宮さんは、涙を流しながらパネルを見つめ、「皆さんのことを愛しています。ありがとうございます!」と感謝を述べた。

 すると、そこにさらなるサプライズが。すでにクランクアップしていた父役の宇梶剛士さん、母役の鈴木紗理奈さん、兄役の満島真之介さんが駆けつけ、「剛(間宮さん)! クランクアップ、バンザーイ! バンザーイ! バンザーイ!」と祝福。号泣する間宮さんが「ありがとうございました! もう、鼻がぐっちゃぐちゃだよ!」と語ると、一同は爆笑。最後に全員で恒例の「いーね!」ポーズを取っていた。

 「ナンバMG5」は最終回が22日午後10時から放送。特別編が29日午後10時から放送される。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事