ベルセルク:森恒二監修で連載再開 伝説再び! 「幻造世界篇/妖精島の章」ラストまで描く

6月24日発売の「ヤングアニマル」13号で連載を再開した「ベルセルク」の扉ページ
1 / 1
6月24日発売の「ヤングアニマル」13号で連載を再開した「ベルセルク」の扉ページ

 昨年5月に亡くなった三浦建太郎さんのマンガ「ベルセルク」が、6月24日発売の「ヤングアニマル」(白泉社)13号で連載を再開した。同作は、昨年9月に第364話が掲載されて以来、休載していた。三浦さんの親友で「自殺島」などで知られるマンガ家の森恒二さんが監修し、「原作・三浦建太郎 マンガ・スタジオ我画 監修・森恒二」として連載を再開した。同号では2話分が掲載され、今後は「幻造世界篇/妖精島の章」のラストまで計6話分が掲載される。

 同号では、「ベルセルク」が「伝説、再開――。」「あの衝撃の先へ――」と銘打って巻頭カラーを飾り、扉ページには、大刀を手にした主人公・ガッツ、パックが描かれた。付録は扉のイラストを使用したクリアファイル。

 「ベルセルク」は6月7日に連載再開が発表された。三浦さんは生前、森さん、スタジオスタッフ、担当編集に「ベルセルク」のストーリーやエピソードについて話していたといい、三浦さんが描いた構想メモとキャラクターデザインも見つかったという。「ヤングアニマル」編集部の「それらをファンの方々の誰にも伝えることなく物語を終わらせることに、強い抵抗感があります。いま我々が持ち寄ったラストエピソード・最後の一コマまでを読んでほしいのです」という思いから連載を再開することになった。

 三浦さんは1966年生まれ。1989年に「月刊アニマルハウス」(白泉社)で「ベルセルク」の連載をスタート。5月6日に急性大動脈解離のため、死去した。54歳だった。「ベルセルク」は、戦乱で荒廃した架空の世界を舞台に、巨大な剣を使うガッツが、異形の化け物を相手に壮絶な戦いを繰り広げる姿を描いている。

 テレビアニメ化されたほか、2012~13年に劇場版アニメ3部作「ベルセルク 黄金時代篇」が公開された。劇場版アニメ3部作が「ベルセルク 黄金時代篇 MEMORIAL EDITION」として2022年に地上波で放送されることも話題になっている。

アニメ 最新記事