ドラゴンクエスト ダイの大冒険:第83話「バランの遺言」 ラーハルト現れる バランの最期の言葉とは?

「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」の第83話「バランの遺言」の一場面(C)三条陸、稲田浩司/集英社・ダイの大冒険製作委員会・テレビ東京 (C)SQUARE ENIX CO.,LTD.
1 / 4
「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」の第83話「バランの遺言」の一場面(C)三条陸、稲田浩司/集英社・ダイの大冒険製作委員会・テレビ東京 (C)SQUARE ENIX CO.,LTD.

 人気ゲーム「ドラゴンクエスト」シリーズの世界観、設定を基にしたマンガ「DRAGON QUEST -ダイの大冒険-」の新作テレビアニメ「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」の第83話「バランの遺言」が、テレビ東京系で6月25日午前9時半に放送される。

 ミストバーンは、生身の生命体であれば確実にダメージを受けるはずの閃華裂光拳をまともに受けても、傷一つつかない。ポップとマァムは、自在に伸びるツメによって動きを封じられ、絶体絶命の状況に陥る。そこに陸戦騎ラーハルトが現れ、ポップたちを救出する。ラーハルトは、ダイの前にひざまずき、バランの最期の言葉を聞かせる。

 「DRAGON QUEST -ダイの大冒険-」は、三条陸さんが原作、稲田浩司さんが作画を担当し、堀井雄二さんが監修。「週刊少年ジャンプ」(集英社)で1989~96年に連載された。少年・ダイが、魔法使いのポップたちと魔王を倒すために冒険する姿が描かれた。1991~92年にテレビアニメが放送されており、約28年ぶりにアニメ化された。

写真を見る全 4 枚

アニメ 最新記事