響け!ユーフォニアム:京阪電車コラボでラッピング電車運行 宇治の魅力発信

「響け!ユーフォニアム」と京阪電気鉄道のコラボ企画「京阪電車×響け!ユーフォニアム2022」のビジュアル(C)武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会
1 / 5
「響け!ユーフォニアム」と京阪電気鉄道のコラボ企画「京阪電車×響け!ユーフォニアム2022」のビジュアル(C)武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

 武田綾乃さんの小説が原作のアニメ「響け!ユーフォニアム」と京阪電気鉄道のコラボ企画「京阪電車×響け!ユーフォニアム2022」が8月1日から実施されることが分かった。同作は、京都府宇治市が舞台で、京阪電車の宇治線の電車や駅が登場する。コラボ企画では、宇治エリアの魅力を発信する。

 同企画では、大津線でラッピング電車を運行するほか、京阪線、大津線で記念ヘッドマークを掲出し、企画乗車券を販売する。企画に先駆けて7月30、31日に大津線の錦織車庫でラッピング電車の撮影会を実施する。主人公・黄前久美子らが描かれたコラボ企画の描き下ろしイラストも公開された。

 「響け!ユーフォニアム」は、北宇治高校の吹奏楽部を舞台に、ユーフォニアム担当の黄前久美子ら吹奏楽部員が成長する姿を描いている。京都アニメーションが制作したテレビアニメ第1期が2015年4~6月、第2期が2016年10~12月に放送。劇場版アニメ「リズと青い鳥」が2018年4月、「劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~」が2019年4月に公開された。新作中編アニメ「アンサンブルコンテスト編」が制作され、2023年にブルーレイディスクが発売されるほか、劇場上映されることやテレビアニメシリーズ「久美子3年生編」が2024年に放送されることが発表されている。

写真を見る全 5 枚

アニメ 最新記事