鈴木雅之:SILENT SIRENすぅが7月16日のツアーファイナルにゲスト出演 「彼女のネクストステップを感じた」

すぅさん(左)と鈴木雅之さん
1 / 1
すぅさん(左)と鈴木雅之さん

 歌手の鈴木雅之さんが7月16日にフェスティバルホール(大阪市北区)で開催する全国ツアーのファイナル公演に、2021年に活動を休止したガールズバンド「SILENT SIREN(サイレントサイレン)」のボーカル&ギター、すぅさんがゲスト出演することが7月1日、明らかになった。すぅさんは、鈴木さんが6月8日にリリースした新曲「GIRI GIRI」に参加している。

 4月にスタートした鈴木さんの全国ツアー「masayuki suzuki taste of martini tour 2022 〜DISCOVER JAPAN DX〜」は、1986年にソロデビューした鈴木さんにとって、ソロ35周年を迎えたアニバーサリーツアーであると同時に、それを記念して今年2月に発売されたカバーベストアルバム「DISCOVER JAPAN DX(デラックス)」のリリースツアーとなる。

 ファイナル公演の模様は「生中継!鈴木雅之 taste of martini tour 2022 ~DISCOVER JAPAN DX~」と題して、7月16日午後6時からWOWOWライブ、WOWOWオンデマンドで放送・配信される。

 鈴木さんとすぅさんに、ツアーの手応えとファイナル公演への意気込み、「GIRI GIRI」への思いなどを語ってもらった。

 ◇

 ーーツアーについて手応えを教えてください。

 鈴木雅之さん:ツアーは、まさに絶好調です。まず大きいのは「DISCOVER JAPAN DX」で集大成することができた昭和・平成・令和の名曲をしっかりステージで披露できていること。カバー集というと“昭和の名曲を歌う”というイメージに寄りがちだけど、例えばYOASOBIの「怪物」を鈴木雅之流にカバーできたことで、今につながることができた。その仕上がり具合は、世代を超えて響いてくれると確信しています。シリーズを通して(作曲家で編曲家の)服部隆之と二人三脚で作り上げた“今聴いてほしい日本のうた” の世界をぜひ堪能してください。

 そして、もう一つの今回のキーワードはソロとしての35周年。ソロでデビューした時に自分に対して掲げた、どんな曲でも鈴木雅之の色に染め上げたい、バラードを丁寧に届けられるボーカリストでありたい、そんなテーマに対して、35年で出してきた答えを特に後半でじっくり、そしてファンキーに楽しんでほしいですね。35周年だからこそ、自分の原点に向き合うことができた、そんな感謝の思いがあふれたステージになっていると思っています。

 --すぅさんの新たな魅力を引き出したダンスチューン「GIRI GIRI」については?

 鈴木さん:このナンバーはアニメ「かぐや様は告らせたい-ウルトラロマンティック-」のオープニング主題歌。シリーズの最初から3シーズン連続で担当させてもらっていて、アニソン界の“永遠の”大型新人として本当にうれしい限りです。特に今はSNSや動画配信など、世界から注目されることができる時代。そういう意味でも“2022年の鈴木雅之”に欠かせないナンバーですし、作詞・作曲の水野良樹、プロデュース・アレンジの本間昭光、そして鈴木雅之というトライアングルの妙を120%伝えられる曲になりました。

 --「GIRI GIRI」でデュエットしたすぅさんの抜てきへの思いと周りからの反響については?

 すぅさん:反響という意味では、みんな驚いて喜んで応援してくれています! 少なからず不安な気持ちもあったのでみんなからの反応がとてもうれしくて、より頑張ろうと思えました。アニメも見ていたので今回のオープニングで自分の声が流れているのがまだ不思議な感覚です。多くのファンの方に愛されている作品に携われたこと、マーチンさん(鈴木さんの愛称)のパートナーに選んでいただけたこと、本当にありがたい気持ちでいっぱいです。ちなみに両親はマーチンさんの大ファンなのでかなり喜んでくれて親孝行だと言ってくれました(笑い)。

 --ツアーファイナルのステージに出演することについては?

 すぅさん:この「GIRI GIRI」のパフォーマンスではいくつかテレビ出演もさせていただき、それもかなりエキサイティングでしたが、ライブにお邪魔するのはテレビとまた違った気持ちです! しかもファイナルなので会場全体の雰囲気も違うだろうし、マーチンさんのライブがより最高になるように私も楽しみながら頑張りたいです。わたしは東京公演を見させていただいていて、その時の感動と衝撃はすごかったです。そういう場にご一緒できることを本当にうれしく思います。

 --そんなすぅさんに対する鈴木さんの思いは?

 鈴木さん:例えば「渋谷で5時」のときに菊池桃子さんのワン&オンリーの歌声が必要だと思ったときと同じで、3作目だからこそ彼女の声、ボーカルが必要だって思ったんです。普段はボーカル&ギターで活動する彼女にとっては、ギターを持たないスタイルは初体験。しかも、ダンスの振り付きというのも初体験だったんですよね。そんな初ものづくしの中で、しっかりとその場に立ってくれた姿に、彼女のネクストステップを感じましたね。

 --最後に7月16日に生中継されるツアーファイナルステージへの思いを。

 すぅさん:アニメに対してもマーチン(鈴木)さんに対してもリスペクトと感謝の気持ちを込めて「GIRI GIRI」をパフォーマンスしたいと思っています! アニメ、YouTube、CD、ライブなどで皆さんに音楽をお届けできることがとてもうれしいです。ぜひ、アニメと共に「GIRI GIRI」を楽しんでもらえたらと思います。大阪公演では今までで一番いいパフォーマンスができるように仕上げていこうと思います! そして、皆さんと一緒に踊れたらうれしいです。楽しみましょう!

 鈴木さん:コロナ禍で、去年までは客席に対してフルで来てもらうことができなかったけれど、今回はみんなに客席を埋めてもらっていることもすごく力になっています。まだ声を出してのコール&レスポンスはできないけれど、音楽こそが“心のワクチン”だって言い続けているように、拍手や手拍子でみんなと音楽でつながることができる。まさに新しい時代の心のコール&レスポンスはできていますから。35年間で磨いたボーカル、昭和・平成・令和の日本のうた、すぅとのコラボ、そして会場とWOWOWの生中継で参加してくれるみんな、そんなすべての“ギフト”が相乗効果を発揮する。きっとそんなステージになるはずですから、ぜひその有終の美を楽しんで見届けてください。

テレビ 最新記事