ガンダム:MGEX ストライクフリーダムガンダム ガンプラ史上最高峰の金属表現 内部フレームに史上最多の連動可動ギミック

「MGEX」シリーズの第2弾「MGEX 1/100 ストライクフリーダムガンダム」(C)創通・サンライズ
1 / 12
「MGEX」シリーズの第2弾「MGEX 1/100 ストライクフリーダムガンダム」(C)創通・サンライズ

 人気アニメ「ガンダム」シリーズのプラモデル(ガンプラ)の“極限表現”に挑む「MGEX」シリーズの第2弾「MGEX 1/100 ストライクフリーダムガンダム」(バンダイスピリッツ)の詳細が、バンダイホビーサイトで発表された。3種の特殊加工、2種のメタリック成型、エッチングシールの6パターンで内部フレームの金属を表現し、ガンプラ史上最高峰の金属表現を目指す。

 「MGEX」シリーズは「MG」シリーズのハイエンドブランドで、第1弾として極限の発光機構を目指した「MGEX 1/100 ユニコーンガンダム Ver.Ka」が2020年9月に発売された。第2弾「MGEX 1/100 ストライクフリーダムガンダム」は、「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」に登場するストライクフリーダムガンダムのプラモデルで、内部フレームに外装を取り付けて、組み立てる。

 内部フレームは「MG」シリーズ史上最多のフレーム連動可動ギミックを搭載。「MG」「RG」シリーズで一部採用されてきた装甲連動可動ギミックを多くの部位に採用し、有機的に各部位が連動する。内部フレームの存在感を強調するために、装甲の隙間(すきま)にゆとりを持たせた。股関節部に多重可動を実装。引き出し、可動の2段ステップによって両足を重ねた飛翔ポーズを自然に表現できる。

 ロングレンジビームライフル、クスィフィアス3レール砲、シュペールラケルタビームサーベルなど多数のギミックを搭載した豊富な武装が付属。組み立て工程で複数のランナーを管理しやすいペーパークラフト式ランナースタンドも付く。

 価格は1万5400円。11月に発売。

写真を見る全 12 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画