能條愛未:“自分だけの写真が何枚もある一冊”に感動「一瞬ウルッと」 白石麻衣の写真集で勉強も

ファースト写真集「カーテンコール」出版記念イベントを開催した能條愛未さん
1 / 12
ファースト写真集「カーテンコール」出版記念イベントを開催した能條愛未さん

 アイドルグループ「乃木坂46」の元メンバー、能條愛未さんが7月3日、東京都内でファースト写真集「カーテンコール」(blueprint)の出版記念イベントを開催。完成した写真集について「気に入っています。ただどこか恥ずかしいような気持ちというか。友達や(乃木坂46)メンバーに見られるのはなかなか恥ずかしい」としつつ、「自分だけの写真が何枚もある一冊は、最初見たとき感動しまして一瞬ウルッときました」と語った。

 2018年まで所属していた乃木坂46は、現役や卒業生も含め多くのメンバーが写真集を発売しているが、能條さんは撮影前に「みんな、どんな感じだったかというので見て、みんなの表情を研究しました」と話す。

 最も参考にしたのは「まいやん。白石麻衣ちゃん」といい、「すごく素晴らしい写真集で勉強させていただきました。ナチュラルな感じがすてきだなと思い参考にしました」と明かした。

 写真集は全編沖縄ロケで撮影され、“素”が感じられる着替えや入浴シーンも収録し、初のセクシーカットにも挑戦した。価格は3300円。

写真を見る全 12 枚

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画