新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP:第2話「プレW杯開幕!」カット公開 不二&デュークが強豪ドイツに挑む 跡部、手塚も

「新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP」の第2話「プレW杯開幕!」の一場面(C)許斐 剛/集英社・NAS・新テニスの王子様プロジェクト
1 / 8
「新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP」の第2話「プレW杯開幕!」の一場面(C)許斐 剛/集英社・NAS・新テニスの王子様プロジェクト

 許斐剛(このみ・たけし)さんの人気テニスマンガが原作のアニメ「テニスの王子様」の新作テレビアニメ「新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP(アンダーセブンティーンワールドカップ)」の第2話「プレW杯開幕!」のカットが公開された。ワールドカップのエキシビションマッチで強豪ドイツとの試合に臨む不二周助とデューク渡邊、目をつむった跡部景吾、ドイツ代表のジャージーをまとった手塚国光などが描かれている。

 第2話では、プレワールドカップとしてエキシビションマッチが開催され、日本は強豪ドイツと戦うことになる。第1試合に挑むのは不二とデュークのペア。不二は、今や王者ドイツの代表となったかつての盟友・手塚が日本との決別を決意した“ある戦い”に思いをはせる。続く第2試合では、跡部が入江奏多と共に手塚との試合に挑む。

 「テニスの王子様」は、「週刊少年ジャンプ」(集英社)で1999~2008年に連載されたマンガ。テニスの天才少年・越前リョーマが青春学園のテニス部で頭角を現し、ライバル校との戦いを通じて成長していく姿が描かれた。2009年から「ジャンプSQ.(スクエア)」(同)で新シリーズ「新テニスの王子様」が連載中。

 「新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP」は、2012年に放送された「新テニスの王子様」以来、約10年ぶりとなるテレビアニメシリーズ。2014年にリリースされたOVA(オリジナル・ビデオ・アニメ)シリーズ「新テニスの王子様 OVA vs Genius10」の後の物語で、リョーマたちがU-17 ワールドカップに挑む姿が描かれる。川口敬一郎さんが監督を務め、スタジオKAI、M.S.Cが制作する。7月6日からテレビ東京ほかで放送される。

写真を見る全 8 枚

アニメ 最新記事