お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件:椎名真昼と藤宮周が織姫とひこ星に 七夕限定描き下ろしビジュアル

「お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件」の七夕限定描き下ろしビジュアル(C)佐伯さん・SBクリエイティブ/アニメ「お隣の天使様」製作委員会
1 / 2
「お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件」の七夕限定描き下ろしビジュアル(C)佐伯さん・SBクリエイティブ/アニメ「お隣の天使様」製作委員会

 小説投稿サイト「小説家になろう」などで人気のライトノベルが原作のテレビアニメ「お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件」で、7月7日の七夕に合わせた描き下ろしビジュアルが公開された。ヒロイン椎名真昼と主人公・藤宮周を織姫とひこ星に見立てたビジュアルで、星空をバックに二人がほほ笑み合っている。

 「お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件」は、佐伯さん作、はねことさんイラストのライトノベル。一人暮らしを始めた高校1年生の藤宮周と、マンションの隣の部屋に住む学校一の美少女・椎名真昼のラブストーリーが描かれている。

 アニメは「キングダム」第3シリーズなどの今泉賢一さんが監督を務め、「弱キャラ友崎くん」などのproject No.9が制作する。坂泰斗さんが藤宮周、石見舞菜香さんが椎名真昼をそれぞれ演じるほか、八代拓さん、白石晴香さんが出演する。2023年放送。

写真を見る全 2 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画