早見沙織&高橋李依:アニメ「最近雇ったメイドが怪しい」 ほっこり、和やかに 2人が生み出す心地いい空気

「最近雇ったメイドが怪しい」に出演する早見沙織さん(左)と高橋李依さん
1 / 2
「最近雇ったメイドが怪しい」に出演する早見沙織さん(左)と高橋李依さん

 「ジャヒー様はくじけない!」などの昆布わかめさんのマンガが原作のテレビアニメ「最近雇ったメイドが怪しい」が、7月23日からABC・テレビ朝日系の深夜アニメ枠「ANiMAZiNG!!!」で放送される。田舎の屋敷に暮らす少年とメイドを巡るラブコメディーで、早見沙織さんが屋敷の主の純真無垢(むく)な少年・ゆうり役、高橋李依さんがゆうりの前に突然現れる怪しいメイド・リリス役として出演する。同作は、ゆうり、リリスのほっこりするようなやり取り、心温まる世界観が魅力。早見さん、高橋さんの掛け合いによって心地いい空気が流れてきそうだ。早見さん、高橋さんに同作の魅力、アフレコについて聞いた。

 ◇少年役にドキドキ 怪しさよりも妖しさを

 --作品の印象は?

 高橋さん 友人に「面白いよ!」と薦められて、原作を読んだことがあったんです。リリスの紫の瞳がすごく印象に残っていました。こんな可愛いマンガがあるんだ! 温かい世界!と原作を楽しんでいたので、まずアニメ化されることがうれしかったです。

 早見さん 可愛くて癒やされますよね。ほっこりします。タイトルが「怪しい」ですし、怖い要素が入ってるのかな?と思っていたら、心温まるお話なんです。2人のやり取りをずっと見たくなります。

 --役が決まった時に感じたことは?

 高橋さん 私はオーディションで2キャラ(ゆうりとリリス)を受けさせていただいたんです。

 早見さん 私もそうなんです。

 高橋さん 決まったと聞いた時は、どっちなんだろう?とワクワクしました。どっちも演じていて楽しかったので、まず今作に関わらせていただけることがうれしかったです。実際にアフレコが始まると、沙織さんが演じられているゆうりには上品さが詰まっていて、ゆうりはやっぱり沙織さんだ!と納得しましたし、勉強させていただきました。

 早見さん こちらこそです。過去に少年を演じたことはありますが、久しぶりにがっつり演じられることがうれしかったですし、ドキドキしました。最初は誰がリリスを演じるのか知らなかったんですが、李依ちゃんと分かり、心強かったです。現場に入ると、緊張もほぐれました。

 --確かに早見さんが少年を演じるのは珍しいかもしれません。演じる中で感じていることは?

 早見さん 女の子っぽい男の子、あるキャラクターの少年時代などはあったのですが、ゆうりのような子は初めてです。お坊ちゃまで、子供らしさがあるキャラクターで、演じるのが楽しいですね。いろいろなことを試していて、新しい発見もありますし、新人のような気持ちで、演じさせていただいています。李依ちゃんと一緒というのも大きいです。

 高橋さん ありがとうございます! 私もメイド役は珍しいので、新鮮です。

 早見さん これまでご一緒させていただいた時、李依ちゃんは快活な役柄が多い印象でしたが、今回は少し内に秘めたお芝居で、そこがすごくすてきなんです。

 --キャラクターの魅力をどのように引きだそうとしている?

 高橋さん 監督、原作者の昆布わかめ先生から「リリスは怪しい表情と、照れた時のギャップが魅力」とのお話があり、その二面性を大切にしていこうと思っています。それにプラスして、メイドとしてお仕事をしている時の、プロらしい一面もしっかりお届けしたいです。

 早見さん リリスがゆうりをからかう表情にドキッとします。怪しさよりも妖しさ、妖艶さを感じます。私は、監督、先生から「ゆうりは真っすぐで純朴な少年で、変に恥じらったり、考えすぎたりするよりは、リリスをしっかり受け止めるのが魅力」とお話がありました。なので演じる時はゆうりの素直さを意識しています。可愛らしさもありますし、男の子っぽくもありつつ、でもやっぱり可愛らしく……と毎回試行錯誤しています。

 --演じる中で気付いたことは?

 高橋さん リリスは、もう少しポーカーフェースなのかな?とも思っていたのですが、演じる中で、楽しむ気持ちが大事だと気付きました。彼女の怪しい時の目って、ゆうりをキャッチして離さないようなところがあるんです。目線の先にいるゆうりを特に意識するようになりました。

 早見さん アフレコの前はあまり意識していなかったのですが、ゆうりはただの少年ではなくて、屋敷の主なので、主人たらんとして、子供ながらに頑張っているんだと思いました。役目を与えられたから、背伸びもしています。無意識のうちにリリスを懐深く包み込むような、生まれ持った器の大きさを感じるようになりました。

 ◇穏やかなテンポ感 2人で家電トーク!?

 --会話のテンポ感が大切になりそうです。

 高橋さん 序盤では、マンガを読んでいた時のテンポより若干ゆっくりめな印象があります。きっと、怪しさと温かさを詰め込んだテンポになっているんだろうなと。

 早見さん 私もそう思いました。テンポが速くなると、コメディー、ギャグに寄りますが、いきすぎない穏やかさがあり、心地いいんですね。

 --収録は2人で?

 早見さん そうなんです。2人で掛け合いをした方が相乗効果でよくなる作品だと思いますし、いろいろ引き出していただいています。

 高橋さん 私も引き出していただいています。そばで一緒に掛け合いができるからこそ、湧き上がる気持ちもあって。待ち時間でもいろいろお話させてもらっていて、相談できる先輩と一緒にいられるこの時間がとても幸せですね。

 早見さん 李依ちゃんには、旬な情報も教えてもらっています。李依ちゃんは、ハイテクに詳しいんですよ。

 高橋さん 私、家電が好きで。ペット型のロボットを飼っていて、その話をしたり。

 早見さん 李依ちゃんから教えてもらったスキャナーを買いました。

 高橋さん 小型なんですよ。お仕事柄、紙の資料なども多いので、オススメしちゃいました。

 --最後にメッセージをお願いします。

 高橋さん ぜひオンエアを楽しみにしていただけるとうれしいです!

 早見さん 根底に温かさがあり、和やかな作品です。一日の疲れを取ってくれるようなほっこりしたお話なので、のんびりご覧いただけるとうれしいです。

写真を見る全 2 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画