池田秀一:「ONE PIECE FILM RED」シャンクス登場は「事件でした」 「油断していた」

「『ONE PIECE FILM RED』ワールドプレミア in 日本武道館」に登場した池田秀一さん(左)と中井和哉さん
1 / 4
「『ONE PIECE FILM RED』ワールドプレミア in 日本武道館」に登場した池田秀一さん(左)と中井和哉さん

 尾田栄一郎さんの人気マンガ「ONE PIECE(ワンピース)」の新作劇場版アニメ「ONE PIECE FILM RED」(谷口悟朗監督、8月6日公開)のワールドプレミア「『ONE PIECE FILM RED』ワールドプレミアin日本武道館」が、7月22日の「ONE PIECEの日」に日本武道館(東京都千代田区)で開催され、シャンクス役の池田秀一さんら声優陣が登場した。池田さんは、同作にシャンクスがメインキャラクターとして登場することについて「テレビも何年に1回しか出てこないので油断していました」と話し、シャンクスの“赤髪”も想起させるタイトルに「しかも『FILM RED』ですから、僕にとっても事件でした」と思いを語った。

 イベントには、ルフィ役の田中真弓さん、ゾロ役の中井和哉さん、ナミ役の岡村明美さん、ウソップ役の山口勝平さん、サンジ役の平田広明さん、チョッパー役の大谷育江さん、フランキー役の矢尾一樹さん、ブルック役のチョーさん、ジンベエ役の宝亀克寿さんの麦わらの一味の声優陣が集結。ウタ役の名塚佳織さん、ゴードン役の津田健次郎さん、クラゲ海賊団のキャラクターを演じる山田裕貴さん、お笑いコンビ「霜降り明星」の粗品さん、せいやさんも登場した。イベント後には「ONE PIECE FILM RED」の全世界最速上映が実施された。

 劇場版では、世界中が熱狂する歌姫・ウタがライブで初めて公の前に姿を現すことになる。素性を隠したまま発信するウタの歌声は“別次元”と評されるほどで、歌声を楽しみにしているルフィ率いる麦わらの一味、海賊、海軍と世界中のファンが会場を埋め尽くす。そんな中、ウタがシャンクスの娘であると発覚する。

 「コードギアス」シリーズなどの谷口さんが監督を務める。1998年に開催されたイベント「ジャンプ・スーパー・アニメツアー’98」で上映された「ONE PIECE」の初のアニメ「ONE PIECE 倒せ!海賊ギャンザック」で監督デビューした谷口監督が、約24年ぶりに「ONE PIECE」の監督を務めることも話題になっている。

写真を見る全 4 枚

アニメ 最新記事