監察医 朝顔:“朝顔”上野樹里が帰ってくる! 新作SPドラマ放送へ 第2シーズン最終話から1年半後を描く

ドラマ「監察医 朝顔2022スペシャル」の出演者たち (C)フジテレビ
1 / 1
ドラマ「監察医 朝顔2022スペシャル」の出演者たち (C)フジテレビ

 女優の上野樹里さんが主演を務める人気ドラマ「監察医 朝顔」シリーズの新作スペシャルドラマ「監察医 朝顔2022スペシャル」が、9月26日午後9時からフジテレビ系で放送されることが8月4日、明らかになった。上野さんをはじめ、時任三郎さん、風間俊介さん、山口智子さんらレギュラーキャストが続投する。

 原作は、マンガ誌「漫画サンデー」(実業之日本社、現在は休刊)で連載された作・香川まさひとさん、画・木村直巳さん、監修・佐藤喜宣さんの同名マンガ。設定をアレンジし、東日本大震災で母が行方不明となった法医学者の朝顔(上野さん)と万木家の心の成長を描くヒューマンドラマ。2019年7~9月に第1シーズン、2020年11月~2021年3月に第2シーズンが放送された。

 新作は、第2シーズン最終話から1年半後の夏が舞台。次女・里美(中村千歳ちゃん)が生まれた朝顔は、長女・つぐみ(加藤柚凪ちゃん)との2人の育児や、父・平(時任三郎さん)の認知症の進行に悩み、ある決断を下す。

 上野さんは「第2シーズン終わりに、共演者の方たちと『また再会できる日があるといいね』と言っていたので、スペシャルドラマという形で再び『監察医 朝顔』に携わることができてうれしいです」とコメント。続けて「今回の朝顔を演じることは、あの頃の自分にはできず、今の自分でないと演じられないと思います。『また会える』ことを楽しみにしていただきつつ、変化や成長をしている朝顔たちを新たに感じていただけたらと思います」と呼び掛けた。

テレビ 最新記事