鈴代紗弓:アニメ「シャインポスト」の挑戦 アイドル活動で新しい体験、発見も

「シャインポスト」に出演する鈴代紗弓さん
1 / 5
「シャインポスト」に出演する鈴代紗弓さん

 アニメやゲーム、ライトノベルなどのメディアミックスアイドルプロジェクト「シャインポスト」のテレビアニメが日本テレビのアニメ枠「AnichU(アニチュウ)」ほかで放送されている。大きな夢を抱くも小さな成果しか上げられないアイドルユニット「TINGS」の活躍を描く。「TINGS」のメンバーを演じるのは、青天国春役の鈴代紗弓さんのほか、声優、アイドル、女優……と普段は異なるステージで活動する個性豊かなメンバーがキャストとして集まり、キャストがアイドルユニットとしてライブを開催するなどさまざまな展開で、ファンを魅了している。鈴代さんに、声優、アイドルユニットとしての活動について聞いた。

ウナギノボリ

 ◇可能性が無限大 化学反応に期待

 「シャインポスト」は、コナミデジタルエンタテインメントとストレートエッジがタッグを組んだメディアミックスプロジェクト。アニメは、「TINGS」に救いの手として用意されたのは、最強マネジャーだったはずが、現れたのはまるでやる気のない男、日生直輝だった……という展開。鈴代さんのほか、アイドルグループ「≠ME(ノットイコールミー)」の蟹沢萌子さん(玉城杏夏役)、声優の夏吉ゆうこさん(聖舞理王役)、舞台などで活動する女優の長谷川里桃さん(祇園寺雪音役)、女優、タレントとして活動する中川梨花さん(伊藤紅葉役)の5人が出演する。

 鈴代さんにとって同プロジェクトに参加することは挑戦となった。普段は異なるステージで活動する個性豊かなメンバーが集まったこともあり、「どんな化学反応が起きるのだろう?」とワクワクしていたという。

 「可能性が無限大で、いろいろなことに挑戦できるプロジェクトなんです。アイドルコンテンツにガッツリ出演したことがありませんでしたし、私にとって挑戦になりました。ステージに出させていただき、アイドルに近い環境を体験でき、その経験が演じる際の深みにつながるといいな……と思っています。アイドルの方と一緒のステージに立たせていただいているのもすごい経験ですよね。キラキラパワー、空気を近くで感じています」
 「シャインポスト」は意外性もあるアニメだ。

 「え!?と驚いたところもありました。ウソがテーマになっています。ウソをつこうと思っていなくても、知らず知らずのうちに包み隠している気持ちがあったり、結果的に自分にウソついてることになることだってあります。そういうところがすごいリアルなんです。ファンタジー要素もありつつ、人間味もあって、そこが新しいんです。でも、王道でもあるんです」

 ◇みんなに助けられてセンターに

 鈴代さんが演じる春は、メンバー思いで、どんな時でも前向きな元気っ娘で、センターを務める。鈴代さんは、センターに「正直、プレッシャーがありました」と明かす。

 「最初、センターは荷が重いと思っていたのですが、皆さんのおかげでセンターとしていさせていただいています。周りの方々にすごく助けていただいているんです。声優だけではなく、いろいろな方が集まっているので、最初はうまくやっていけるかな?という不安も正直あったのですが、すごく仲がいいんです。本当にいい空気感です」

 ダンスは「振り付けの難易度が高くて……」と苦労することもあるようだが、挑戦する中で発見もあった。

 「普段自分がアイドルさんを見ていて気付かないことに気付くことができました。振り付けの一つ一つに意味があり、それを知ることができましたし、こういうことを考えて踊っているんだ!?と視野が広がったんです。ダンスも表現ですし、お芝居に似ているところがあります。キャラクターそれぞれのダンスにも色があります。お芝居と同じように、緩急強弱、間があって、表現の幅が広がっているように感じています。自分にとって新しい体験で、いろいろ吸収させていただいています。皆さんに作品を楽しんでいただくことを一番に考えて、頑張っていきたいです!」

 畑違いのキャストが一体どんな化学反応を起こしていくのか? 今後の展開が注目される。

写真を見る全 5 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画