名塚佳織:「ONE PIECE FILM RED」ウタ役 「本当に幸せ」「大切なものに」

「ONE PIECE FILM RED」の公開記念舞台あいさつに登場した(上段左から)平田広明さん、山口由里子さん、チョーさん、(下段左から)名塚佳織さん、中井和哉さん
1 / 1
「ONE PIECE FILM RED」の公開記念舞台あいさつに登場した(上段左から)平田広明さん、山口由里子さん、チョーさん、(下段左から)名塚佳織さん、中井和哉さん

 尾田栄一郎さんの人気マンガ「ONE PIECE(ワンピース)」の新作劇場版アニメ「ONE PIECE FILM RED」(谷口悟朗監督)の公開記念舞台あいさつが8月13日、丸の内TOEI(東京都中央区)で開催され、ルフィ役の田中真弓さん、歌姫・ウタ役の名塚佳織さんら声優陣が登場した。ウタ役は、名塚さんと歌手のAdoさんがダブルキャストを務め、名塚さんがウタのせりふ、Adoさんがウタの歌唱パートを担当した。名塚さんは「田中さんをはじめとしたキャスト、スタッフの方々、今まで『ONE PIECE』を紡いできてくださった皆さんのおかげでたくさんの方にウタの歌が届いたと実感しました。このタイミングで運良く出演させていただけたことが本当に幸せです」と思いを語った。

 舞台あいさつには、ルフィ役の田中さん、ゾロ役の中井和哉さん、ナミ役の岡村明美さん、ウソップ役の山口勝平さん、サンジ役の平田広明さん、チョッパー役の大谷育江さん、ロビン役の山口由里子さん、フランキー役の矢尾一樹さん、ブルック役のチョーさん、ジンベエ役の宝亀克寿さんの麦わらの一味の声優陣が集結。ゴードン役の津田健次郎さんも登場した。

 名塚さんはウタについて「収録の時から全力で作っていましたし、これからも自分の中で大切なものとして生き続けてくれる」と語った。名塚さんが「麦わらの一味の皆さんとこうして同じステージに立たせていただくのも本当にうれしいです。一味の皆さんの仲間にしてもらえたのかなと思っています」と話すと、田中さんは「仲間ですよ!」と笑顔を見せた。

 「ONE PIECE」は、手足などがゴムのように伸びる麦わら帽子のルフィが、海賊王を目指して仲間と共に大海原を冒険する姿を描くマンガ。1997年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載が始まり、2021年1月には1000話に到達。今年7月で連載25周年を迎え、全世界のコミックスの累計発行部数は5億1000万部以上を誇る。テレビアニメが1999年10月にスタートし、2021年11月には1000話に到達した。

 劇場版は、世界中が熱狂する歌姫・ウタがライブで初めて公の前に姿を現すことになる。素性を隠したまま発信するウタの歌声は“別次元”と評されるほどで、歌声を楽しみにしているルフィ率いる麦わらの一味、海賊、海軍と世界中のファンが会場を埋め尽くす。そんな中、ウタがシャンクスの娘であると発覚する。

 「コードギアス」シリーズなどの谷口さんが監督を務めた。1998年に開催されたイベント「ジャンプ・スーパー・アニメツアー’98」で上映された「ONE PIECE」の初のアニメ「ONE PIECE 倒せ!海賊ギャンザック」で監督デビューした谷口監督が、約24年ぶりに「ONE PIECE」の監督を務めたことも話題になっている。

アニメ 最新記事