シャインポスト:第6話「聖舞理王は<<褒められたい>>」 センターに選ばれるが逃げ出す理王

「シャインポスト」の第6話「聖舞理王は<<褒められたい>>」の一場面(C)Konami Digital Entertainment,Straight Edge Inc./シャインポスト製作委員会
1 / 6
「シャインポスト」の第6話「聖舞理王は<<褒められたい>>」の一場面(C)Konami Digital Entertainment,Straight Edge Inc./シャインポスト製作委員会

 アニメやゲーム、ライトノベルなどのメディアミックスアイドルプロジェクト「シャインポスト」のテレビアニメの第6話「聖舞理王は<<褒められたい>>」が、8月16日から日本テレビの深夜アニメ枠「AnichU(アニチュウ)」ほかで放送される。

 アイドルユニット「TiNgS」の聖舞理王は、新曲のセンターに選ばれる。反発したのは、自信満々のはずの理王自身だった。その場から逃げ出した理王は、アイドルになった理由を思い出す。理王は「誰かの力になってみたい」との想(おも)いを胸に、どうにかオーディションに合格したが、次第に足を引っ張っている自覚にさいなまれる。

 「シャインポスト」は、アイドルユニット「TiNgS」の活躍を描くアニメで、声優の鈴代紗弓さん(青天国春役)、アイドルグループ「≠ME(ノットイコールミー)」の蟹沢萌子さん(玉城杏夏役)、声優の夏吉ゆうこさん(聖舞理王役)、舞台などで活動する女優の長谷川里桃さん(祇園寺雪音役)、女優、タレントとして活動する中川梨花さん(伊藤紅葉役)の5人がメンバーを演じる。声優、アイドル、女優……と普段は異なるステージで活動する個性豊かなメンバーが集まり、キャストがアイドルユニットとしても活動している。

写真を見る全 6 枚

アニメ 最新記事