3×3EYES 鬼籍の闇の契約者:八雲とベナレスの激闘 「ついにクライマックスへ!!」

「月刊ヤングマガジン」9月号に掲載される「3×3EYES 鬼籍の闇の契約者」
1 / 4
「月刊ヤングマガジン」9月号に掲載される「3×3EYES 鬼籍の闇の契約者」

 高田裕三さんの伝奇マンガ「3×3EYES(サザンアイズ)」の新作「3×3EYES 鬼籍の闇の契約者」が、8月19日発売の連載誌「月刊ヤングマガジン」(講談社)9月号の巻頭カラーを飾る。藤井八雲とベナレスの戦いが描かれており、「激闘、ついにクライマックスへ!!」と予告されている。

 「3×3EYES」は、額に第3の目を持つ妖怪の女性・パイが、不死の存在の无(ウー)となった藤井八雲と共に、人間になるため冒険する姿を描いた伝奇ファンタジー。「ヤングマガジン増刊海賊版」「週刊ヤングマガジン」(同)で1987~2002年の約15年にわたって連載され、アニメ化されるなど人気を集めた。

 「3×3EYES 鬼籍の闇の契約者」は「イー★ヤングマガジン」(同)で2016年12月に連載を開始。2019年2月に「月刊ヤングマガジン」に移籍した。

写真を見る全 4 枚

アニメ 最新記事