相葉雅紀:櫻井翔とのイタリアでの“恐怖体験”明かす ホラー川柳も披露 主演映画「“それ”がいる森」公開直前イベント

主演映画「“それ”がいる森」の公開直前イベントに登場した相葉雅紀さん
1 / 6
主演映画「“それ”がいる森」の公開直前イベントに登場した相葉雅紀さん

 相葉雅紀さんが9月20日、東京・中目黒の恵比寿Q.E.Dクラブで行われた主演映画「“それ”がいる森」(中田秀夫監督、9月30日公開)の公開直前イベントに登場した。イベントでは、登壇者が“ホラー川柳”を発表する企画が行われ、相葉さんは「二人部屋 会話の相手は 三人目」という川柳を発表し、昔イタリアのホテルで櫻井翔さんと相部屋だったときに起きたという“恐怖体験”を披露し、場を盛り上げた。

 相葉さんは、以前に「嵐」で心霊スポットを巡るロケをしていたことに触れ、自身の恐怖体験もイタリアでミイラを見に行くロケのときに起こったと背景を説明。ホテルで櫻井さんと2人部屋だった相葉さんがシャワーを浴びている最中の話といい、「櫻井君が、シャワーに入っている僕に何かをすごく話しかけてきているんですよ。『あとで聞くから!』と言っても、ずっと聞き取れない声で話しかけてきて……」と当時の状況を振り返り、「シャワーを浴びて外に出て、『何?』と言ったら、『え? 何もしゃべってないよ』と言われて。俺は誰に話しかけられていたんだろう……みたいなことが、イタリアのホテルでありました」と過去の体験を明かしていた。

 イベントには共演の松本穂香さん、お笑いトリオ「パンサー」の尾形貴弘さん、怪談師の島田秀平さんも出席。相葉さんは、怪談話が好きかと聞かれると「僕はあんまり得意じゃないので、あんまり聞かないですけど、(松本)穂香ちゃんが大好きで」とコメント。話を振られた松本さんは「ホラー映画も好きなんですけど、最近は特に怪談を聞きながら散歩とかしていて……」と笑いながら意外な一面を明かし、一同を驚かせていた。

 映画は、不可解な怪奇現象が多発するという実在の森を舞台に、実際に数々の“それ”を見たという目撃情報をベースしたホラーエンターテインメント。主人公の田中淳一(相葉さん)が、3年ぶりに再会した小学生の息子・一也(上原剣心さん)と得体の知れない“それ”を目撃したことから騒動に巻き込まれていく姿を描く。

写真を見る全 6 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画