ウルトラセブン:55周年記念トークショー開催 樋口真嗣監督、黒木ひかり、関智一 “モロボシ・ダン”森次晃嗣も

「ウルトラセブン」の一場面(C)円谷プロ
1 / 8
「ウルトラセブン」の一場面(C)円谷プロ

 特撮ドラマ「ウルトラセブン」の4Kリマスター版が、10月1日から全国の16劇場で上映されることを記念したトークイベント「『ウルトラセブン』55周年記念セレブレーション」が10月1日、TOHOシネマズ池袋(東京都豊島区)で開催されることが分かった。約55年前の第1話放送日である10月1日に開催されるイベントで、樋口真嗣監督、女優の黒木ひかりさん、声優の関智一さんに加え、スペシャルゲストとしてモロボシ・ダン役の森次晃嗣さんが登壇する。

 4Kリマスター版は、同作の55周年を記念して、第7話「宇宙囚人303」、第26話「超兵器R1号」、第37話「盗まれたウルトラ・アイ」、第48話「史上最大の侵略」(前編)、最終話である第49話「史上最大の侵略」(後編)が上映される。13日まで。

 「ウルトラセブン」は1967年、「ウルトラマン」に続いて放送された特撮ドラマ。「ウルトラQ」「ウルトラマン」を経た若いスタッフが才能を発揮し、軍拡競争で母星を滅ぼされた怪獣、地球人同士の信頼を揺るがす侵略者、地球侵略の捨て石にされた異星人、人間より先に地球で暮らしていたのかもしれない生命体などが登場する傑作が生まれた。

写真を見る全 8 枚

アニメ 最新記事