月の満ち欠け:夫婦役の大泉洋&柴咲コウ 「説得力は想像以上」と新垣弘隆Pが絶賛

映画「月の満ち欠け」メーキング写真(C)2022「月の満ち欠け」製作委員会
1 / 3
映画「月の満ち欠け」メーキング写真(C)2022「月の満ち欠け」製作委員会

 俳優の大泉洋さんが主演の映画「月の満ち欠け」(廣木隆一監督、12月2日公開)で、夫婦役を演じる大泉さんと柴咲コウさんのメーキング写真が公開された。本作を手がけた新垣弘隆プロデューサーは、「お二人の夫婦としての説得力は予想以上でした」と絶賛。映画「青天の霹靂(へきれき)」でも共演経験がある2人は、現場でも息ピッタリだったという。

 映画は、第157回直木賞を受賞した佐藤正午さんの同名小説(岩波書店)が原作。愛する妻と娘を事故で失った小山内堅(大泉さん)の元に、三角哲彦(目黒蓮さん)と名乗る男が訪ねてくる。三角は、事故のあった日、小山内の娘・瑠璃が面識のないはずの自分に会いに来ようとしていたという。そして、小山内の娘と同じ名前を持ち、自分がかつて愛した女性について語り出して……というストーリー。柴咲さんは小山内の妻・梢を務める。

 新垣さんは、今回のキャスティングについて「お二人の相性の良さは分かっていましたし、並んだ姿を想像すると理想的な小山内夫妻そのものだと思いました」とコメント。「普段はおちゃめで柔和な雰囲気でいながら、内面に秘めた思いや意志の強さがある梢は柴咲さんにマッチすると感じました」と話している。

写真を見る全 3 枚

映画 最新記事