アルスの巨獣:DMM.com×旭プロダクションのオリジナルアニメ 羊宮妃那、森川智之、芹澤優、峯田大夢、日笠陽子出演

「アルスの巨獣」のティザービジュアル(C)DMM.com・旭プロダクション/アルスの巨獣製作委員会
1 / 14
「アルスの巨獣」のティザービジュアル(C)DMM.com・旭プロダクション/アルスの巨獣製作委員会

 DMM.com、旭プロダクションによるオリジナルアニメ「アルスの巨獣」が制作され、2023年1月から放送されることが分かった。オグロアキラさんが監督を務め、大槍葦人さんがキャラクター原案、海法紀光さんがシリーズ構成・脚本を担当する。メインキャラクターのキャストも発表され、羊宮妃那さんが“二十と二番目のクウミ”を名乗るクウミ、森川智之さんが“死に損ないのジイロ”の巨獣狩り・ジイロ、芹澤優さんが行商のカブリ族・ミャア、峯田大夢さんが“はやとちりのメラン”のケモビトの若き戦士・メラン、日笠陽子さんが“七草のロマーナ”の旅の医者・ロマーナをそれぞれ演じる。ゲーム「ファイナルファンタジー」シリーズも手掛けるアートディレクターの上国料勇さんによるティザービジュアルも公開された。

 羊宮さんは「初めてクウミちゃんを見た時は、とても可愛らしくふわふわとした印象でした。今も変わらず可愛いなと感じることがたくさんあるのですが、意外な一面も多く、実は身体能力が高いんです! 心優しいところや、ご飯を楽しそうに食べる姿には、いつも温かい気持ちをいただいています。クウミちゃんの素直で真っすぐな想(おも)いを大切に、訪れる出会いを私も一緒に向き合って参ります」とコメントを寄せている。

 同作は、甚大な被害をもたらす巨獣がはびこる世界で、巨獣狩りで日銭を稼ぐ“死に損ないのジイロ”が“二十と二番目のクウミ”と出会い、彼女を救うべく過去の憂いを捨て、動き出す……というストーリー。

 ◇スタッフ(敬称略)

 監督:オグロアキラ▽キャラクター原案:大槍葦人▽シリーズ構成・脚本:海法紀光▽キャラクターデザイン:清水洋、加藤真人▽音楽:片山修志、鈴木暁也▽アニメーション制作:旭プロダクション

 ◇キャスト(敬称略)

 クウミ:羊宮妃那▽ジイロ:森川智之▽ミャア:芹澤優▽メラン:峯田大夢▽ロマーナ:日笠陽子

写真を見る全 14 枚

アニメ 最新記事