うる星やつら:ラム「うち、ここで暮らすっちゃ」 新作テレビアニメ第2弾PV公開 MAISONdesがOP&ED担当

「うる星やつら」の一場面(C)高橋留美子・小学館/アニメ「うる星やつら」製作委員会
1 / 12
「うる星やつら」の一場面(C)高橋留美子・小学館/アニメ「うる星やつら」製作委員会

 高橋留美子さんの人気マンガ「うる星やつら」の完全新作となるテレビアニメの第2弾PVがYouTubeで公開された。PVはトラ柄の宇宙船が地球に迫りくる不穏な雰囲気のシーンが描かれ、ラムの「うち、ここで暮らすっちゃ」の一言で、諸星あたるの受難、友引町の騒がしい日々が始まる。クラマ姫、弁天、おユキ、ランも登場した。

 音楽プロジェクト「MAISONdes(メゾン・デ)」が、オープニングテーマ(OP)が「アイウエ feat. 美波, SAKURAmoti」とエンディングテーマ(ED)「トウキョウ・シャンディ・ランデヴ feat. 花譜, ツミキ」を担当することも発表された。OPはシンガー・ソングライターの美波さん、ボカロPのSAKURAmotiさんが参加し、EDはバーチャルYouTuber(VTuber)の花譜、ボカロPのツミキさんが参加する。オープニングテーマの一部は「あいうえ」として、約1分の音源が既に配信されており、SNSなどで話題になっていた。

 「うる星やつら」は、「めぞん一刻」や「らんま1/2」「犬夜叉」などでも知られる高橋さんの代表作の一つ。高橋さんは、1978年に「勝手なやつら」でデビューし、「うる星やつら」は1978~87年に「週刊少年サンデー」(小学館)で連載された。女好きのダメ高校生・諸星あたると、地球に来た鬼族の娘・ラムの日常が描かれた。テレビアニメがフジテレビ系で1981年10月~1986年3月に放送された。

 新作は、同作を刊行する小学館の創業100周年を記念して、約36年ぶりにテレビアニメ化されることになった。「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」などの高橋秀弥さん、木村泰大さんが監督を務め、david productionが制作する。神谷浩史さんが諸星あたる、上坂すみれさんがラムをそれぞれ演じる。原作のエピソードを選び抜き、全4クールでテレビアニメ化する。フジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」で10月13日から放送される。

 ◇キャスト(敬称略)

 諸星あたる:神谷浩史▽ラム:上坂すみれ▽三宅しのぶ:内田真礼▽面堂終太郎:宮野真守▽錯乱坊:高木渉▽サクラ:沢城みゆき▽ラン:花澤香菜▽レイ:小西克幸▽おユキ:早見沙織▽弁天:石上静香▽クラマ姫:水樹奈々▽温泉マーク:三宅健太▽尾津乃つばめ:櫻井孝宏▽面堂了子:井上麻里奈

写真を見る全 12 枚

アニメ 最新記事