注目アニメ紹介:「ベルセルク 黄金時代篇 MEMORIAL EDITION」 劇場版3部作がテレビアニメに 新カットも

「ベルセルク 黄金時代篇 MEMORIAL EDITION」の一場面(C)三浦建太郎(スタジオ我画)・白泉社/BERSERK FILM PARTNERS
1 / 13
「ベルセルク 黄金時代篇 MEMORIAL EDITION」の一場面(C)三浦建太郎(スタジオ我画)・白泉社/BERSERK FILM PARTNERS

 昨年5月に亡くなった三浦建太郎さんのマンガ「ベルセルク」が原作のテレビアニメ「ベルセルク 黄金時代篇 MEMORIAL EDITION」が10月1日深夜から、TOKYO MXほかで放送される。2012~13年に公開された劇場版アニメ3部作「ベルセルク 黄金時代篇」がテレビアニメとして放送されることになった。

 原作は、1989年に「月刊アニマルハウス」(白泉社)で連載をスタート。荒廃した架空の世界を舞台に、巨大な剣を振るうガッツが、異形の化け物や超越的な力を持つ使徒らと戦いを繰り広げる。

 「ベルセルク 黄金時代篇」は、ファンにも人気の「黄金時代」を3部作で劇場版アニメ化した。テレビアニメは恩田尚之総作画監督のもと、「夢のかがり火」など名シーンが新規カットとして追加され、既存の数百カットに手を加えたリマスター版となる。「ベルセルク」のアニメシリーズに楽曲を提供してきた平沢進さん、鷺巣詩郎さんが新規楽曲を提供する。

 岩永洋昭さんがガッツ、櫻井孝宏さんがグリフィス、行成とあさんがキャスカを演じるほか、声優として梶裕貴さんや寿美菜子さん、藤原貴弘さんらが出演する。STUDIO4℃が制作する。

写真を見る全 13 枚

アニメ 最新記事