プリティーシリーズ:11年半のテレビアニメ連続放送が一旦終了 ゲーム「ワッチャプリマジ!」は継続

「ワッチャプリマジ!」のビジュアル(C)T-ARTS/syn Sophia/テレビ東京/PM製作委員会
1 / 1
「ワッチャプリマジ!」のビジュアル(C)T-ARTS/syn Sophia/テレビ東京/PM製作委員会

  アニメやゲームが人気の「プリティーシリーズ」のテレビアニメ「ワッチャプリマジ!」(テレビ東京系)が、10月9日放送の第51話「みんな、いっしょにプリマジしよ!」で最終回を迎えることが明らかになった。2011年4月から約11年半にわたって続いてきた同シリーズのテレビアニメが、10月9日をもって一旦、連続放送を終了することになった。ゲームは継続するといい、ゲームを展開するタカラトミーアーツの担当者は「『ワッチャプリマジ!』のテレビアニメは一時終了しますが、ゲームは新プロジェクト『ワッチャプリマジスタジオ』を展開していく予定です。11年半のマラソンも一旦小休止、次のスタートを見越して備えていきたい」と話している。

 「プリティーシリーズ」は、2010年7月にゲーム「プリティーリズム・ミニスカート」が稼働を開始し、2011年4月にテレビアニメ「プリティーリズム・オーロラドリーム」がスタート。「プリティーリズム・ディアマイフューチャー」「プリティーリズム・レインボーライブ」「プリティーリズム・オールスターセレクション」「プリパラ」「アイドルタイムプリパラ」「キラッとプリ☆チャン」といったテレビアニメが放送されてきた。

 「ワッチャプリマジ!」は2021年10月にスタート。同シリーズの「歌、ダンス、おしゃれ」に、新たな要素として「魔法」が加わった。歌とダンスとファッションで作り上げるエンターテインメント・プリマジに憧れる中学1年生・陽比野まつりが、魔法界からやってきた魔法使い・みゃむにスカウトされ、二人でプリマジのトップを目指す姿を描いている。

 「美少女戦士セーラームーン」「おジャ魔女どれみ」「HUGっと!プリキュア」などで知られる佐藤順一さんが総監督、「プリパラ」「キラッとプリ☆チャン」などに参加してきた小林浩輔さんが監督を務め、「プリティーリズム・レインボーライブ」などの坪田文さんがシリーズ構成を担当。テレビ東京系で毎週日曜午前10時に放送。

{%bandai_tag%}

アニメ 最新記事