鈴代紗弓:「ぼっち・ざ・ろっく!」 結束バンドの絆 「一員になれて幸せ」

「ぼっち・ざ・ろっく!」に出演する鈴代紗弓さん
1 / 5
「ぼっち・ざ・ろっく!」に出演する鈴代紗弓さん

 「まんがタイムきららMAX」(芳文社)で連載中のはまじあきさんの4コママンガが原作のテレビアニメ「ぼっち・ざ・ろっく!」が10月8日にスタートする。高校生の“ぼっちちゃん”こと後藤ひとりが、ひょんなことから伊地知虹夏が率いる「結束バンド」に加入することになる……というストーリーで、結束バンドのメンバーを演じるのは、ギターの後藤ひとり役の青山吉能さん、ドラムの伊地知虹夏役の鈴代紗弓さん、ベースの山田リョウ役の水野朔さん、ギター、ボーカルの喜多郁代役の長谷川育美さんだ。鈴代さんは「結束バンドの一員になれてとても幸せです」と声優陣の絆を感じているという。

 ◇オーディションにドラムスティック持参

 鈴代さんが演じる虹夏は、明るい性格、世話好きで、幼少期からロック文化に慣れ親しんできた。女子高生バンド・結束バンドのリーダーで、ツッコミ役でもある。

 「最初、原作を拝見した時、虹夏ちゃんは元気で明るいツッコミ役、みたいな印象を受けました。ただ読み進めるうちに、自ら進んでツッコミをしてるというよりかは、会話の流れで自然とそうなっているのかな?とも思い、ツッコミをしよう!というよりは会話のテンポ感を大切にしたいなと感じました」

 会話の流れ、テンポが重要になってきそうだ。

 「分散収録ではありますが、ありがたいことに掛け合いのシーンでは、相手役の方と一緒に収録させていただきました。相手の言葉を受けて、どう演じるのか?とテンポを大切にして演じさせていただいたんです。原作は4コママンガで、キャラクターの喜怒哀楽がコロコロ変わりますが、アニメでもすごくテンポが速く、技術的に鍛えられたところもありました。テンポがよいんですよね」

 キャストが発表された際、鈴代さんは「実はオーディション時に、ドラムのスティックを持っていったりなんかもしていました(笑い)」とコメントしていた。

 「中学の時にドラマーに憧れていた時期があって、親にクリスマスプレゼントにスティックだけ買ってもらってて、大事に持っていたんです。ついに、このドラムスティックを使うときがきた!となって、テープオーディションの時、スティックを持って、自己PRの動画を撮影しました。スタジオオーディションの時は、持っていく必要がなかったんですけど、願掛けのように鞄に入れておきました。今も大事にしてます」

 ◇熱量がいい意味でヤバい

 共演者からも刺激を受けている。ひとり役の青山さんの演技を聞いた時は衝撃を受けたという。

 「最初、自分以外のキャストのお名前を聞いた時、青山吉能さんがぼっち!?となったんです。どんな感じなんだろう?と思っていたのですが、第1話の収録の時、お声を聞いて、キャスティングした人は神だ!となりました。もう、そこにぼっちがいたんです。原作を読んでいた時、実はぼっちの声が一番想像できなかったのですが、青山さんのお声を聞いて、カチッとハマった感じがしました。私にはない表現の幅、ニュアンスで、これがぼっちなんだ!となって。もちろんほかのキャストの皆さんもそうです。『皆さん、すごい!』と、特に第1話の収録はとても記憶に残っています」

 青山さんに取材した際、明るく現場を盛り上げる鈴代さんに「助けられています」と話していた。鈴代さんは「私は全然そんなことないですよ!」と謙遜する。

 「よっぴー(青山さん)に温かい空気を作っていただき、引っ張っていただいています。奥手な役ですけど、ボルテージを上げていただいて、安心して掛け合いをさせていただいていますし、座長だ!と感じます。よっぴーのことは先輩としてもすごく尊敬してます」

 結束バンドのメンバーを演じる4人の絆を感じながら収録に臨んだ。

 「最近ですごくうれしかったのが、ちょっとアフレコが早く終わって、軽く食事に行けたことがあったんですけど、お仕事の踏み込んだお話もフラットにしゃべることができたんですね。すごくうれしかったんです。この現場の収録が終わっても、みんなで会うことができそうですし、新しい仲間ができたことがうれしいです。結束バンドの一員になれてとても幸せです」

 「画(え)や音楽、芝居感……と熱量がいい意味でヤバいです。ぜひ、放送を楽しみにしていただけたらうれしいです!」と話すから期待が高まる。スタッフ、キャストの熱量に驚かされそうだ。

写真を見る全 5 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画