機動戦士ガンダム 水星の魔女:GFYでフェア 「PROLOGUE」上映 ガンダム・エアリアルのラテアートも

「機動戦士ガンダム 水星の魔女」のオリジナルコースター
1 / 4
「機動戦士ガンダム 水星の魔女」のオリジナルコースター

 高さ約18メートルの動く実物大ガンダムを設置しているGUNDAM FACTORY YOKOHAMA(GFY、横浜市中区)で、「ガンダム」シリーズの新作テレビアニメ「機動戦士ガンダム 水星の魔女」のフェアが開催されている。カンファレンスルームで前日譚(たん)「PROLOGUE」を上映するほか、メインキャラクターのパネルを展示。カフェ「GUNDAM Cafe YOKOHAMA Satellite」では、主人公機ガンダム・エアリアルとメインキャラクターのラテアートを提供する。ショップ、カフェ、キッチンカーで1000円以上購入した人を対象にオリジナルコースターをプレゼントする。

 動く実物大ガンダムの大人向け解説プログラムが10月から実施されることも発表された。GFYでは、小学生を対象とした教育プログラムを実施しているが、企業や団体などを対象に大人向けにも実施されることになった。動く実物大ガンダムの仕組み、プロジェクトマネジメント、開発エピソードなどを紹介する。

 「水星の魔女」のキャッチコピーは「その魔女は、ガンダムを駆る。」で、多くの企業が宇宙に進出し、巨大な経済圏を構築した時代のA.S.(アド・ステラ)122が舞台となる。モビルスーツ産業最大手・ベネリットグループが運営するアスティカシア高等専門学園に、辺境の地・水星から主人公の少女スレッタ・マーキュリーが編入してくる。MBS・TBS系の日曜午後5時のアニメ枠“日5”で放送中。

(C)創通・サンライズ・MBS(C)創通・サンライズ

写真を見る全 4 枚

アニメ 最新記事