七つの大罪 怨嗟のエジンバラ:新作アニメ 内山昂輝が“妖精”に 興津和幸は祭司プリースト 阿座上洋平がデスピアス役を続投

「七つの大罪 怨嗟のエジンバラ」前編に出演する(左から)内山昂輝さん、阿座上洋平さん、興津和幸さん
1 / 7
「七つの大罪 怨嗟のエジンバラ」前編に出演する(左から)内山昂輝さん、阿座上洋平さん、興津和幸さん

 鈴木央(なかば)さんの人気マンガが原作のアニメ「七つの大罪」の新作「七つの大罪 怨嗟(えんさ)のエジンバラ」前編に声優として内山昂輝さん、興津和幸さんが出演することが分かった。新キャラクターのキャストで、内山さんは主人公・トリスタンが旅の道中で出会う妖精、興津さんは強力な呪術を操るエジンバラの祭司・プリーストをそれぞれ演じる。新作アニメに聖騎士集団・蒼天の六連星の一人として活躍したデスピアスが登場することも発表された。これまでのシリーズに続き、阿座上洋平さんがデスピアスを演じる。

 トリスタンを支える仲間のキャストとして、徳留慎乃佑さんがタイロン、下地紫野さんがクルミル、小市眞琴さんがミニカをそれぞれ演じることも発表された。

 内山さんは「長い歴史を積み重ねてきたシリーズに新たに参加できることを光栄に思います。アフレコは以前から知っている方々とのお仕事だったので大変やりやすく、また、キャラクターの表現に関しても伸び伸びと自由にやらせていただきました。収録時の映像がもう完成に近いような状態だったので、スタッフの方々が表現したいこともつかみやすかったです。映画『七つの大罪 怨嗟のエジンバラ 前編』、どうぞご期待ください!」とコメントを寄せている。

 阿座上さんは「魔神族、女神族と決別し、エジンバラ復興と人間のためだけの国造りを目指して旅立った彼のその後は、個人的にもとても気になっておりました。年を重ね、さらに威厳ある姿となったデスピアス。『大御所の声優さんにキャスト変更もあり得るのでは……?』と勝手に不安を抱いておりましたが、再び任せていただくこととなり、感無量です。今作でトリスタンたちとどのように対峙(たいじ)するのか、配信までどうぞ楽しみにお待ちください」と話している。

 興津さんは「ただ者ではない。ひと目見ただけでもただ者ではない人物です。プリースト。とてもすてきなキャラクターデザインでワクワクしております。ふふふ」とコメントを寄せている。

 新作は、鈴木さんが描き下ろす完全新作ストーリーで、「七つの大罪」のエリザベスとメリオダスの子供・トリスタンが主人公となる。女神族の力を受け継ぎ、人々の傷やけがを癒やすことができながら、魔神族としての力を制御できずに人を傷つけた過去を持つトリスタンが、新たな仲間と出会い、愛する家族を守るためにエジンバラ城へと向かう……というストーリー。前後編で前編が12月にNetflixで配信される。

 「七つの大罪」は、「週刊少年マガジン」(講談社)で2012~20年に連載。かつて王国転覆を謀ったとされる伝説の逆賊・七つの大罪の戦いが描かれた。同作の“正統続編”となる「黙示録の四騎士」の連載が、2021年1月に同誌でスタートしたことも話題となった。

 テレビアニメ第1期が2014年10月~2015年3月、「聖戦の予兆」が2016年8~9月、「戒めの復活」が2018年1~6月、「神々の逆鱗」が2019年10月~2020年3月に放送。2018年8月には初の劇場版「天空の囚われ人」も公開された。テレビアニメの最終章「七つの大罪 憤怒の審判」が、2021年1~6月に放送された。新作劇場版「光に呪われし者たち」が同年7月に公開された。

 ◇キャスト(敬称略)

 トリスタン:村瀬歩▽妖精:内山昂輝▽メリオダス:梶裕貴▽エリザベス:雨宮天▽バン:鈴木達央▽ディアンヌ:悠木碧▽キング:福山潤▽ゴウセル:高木裕平▽トリスタン(少年期):小松未可子▽デスピアス:阿座上洋平▽プリースト:興津和幸▽タイロン:徳留慎乃佑▽ミニカ:小市眞琴▽クルミル:下地紫野

写真を見る全 7 枚

アニメ 最新記事