名探偵コナン 犯人の犯沢さん:次回予告は「探偵物語」松田優作風? 大地丙太郎監督が“犯沢さん”蒼井翔太を絶賛

「名探偵コナン ハロウィンの花嫁」のブルーレイディスク、DVDの発売記念トークイベントに登場した「名探偵コナン 犯人の犯沢さん」の大地丙太郎監督
1 / 8
「名探偵コナン ハロウィンの花嫁」のブルーレイディスク、DVDの発売記念トークイベントに登場した「名探偵コナン 犯人の犯沢さん」の大地丙太郎監督

 人気アニメ「名探偵コナン」の劇場版第25作「名探偵コナン ハロウィンの花嫁」(満仲勧監督)のブルーレイディスク、DVDが11月9日に発売されることを記念したトークイベント「劇場版『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』BD&DVD発売記念『名探偵コナン』プレミアムトークナイト」が10月27日、東京カルチャーカルチャー(東京都渋谷区)で開催された。10月から放送中のテレビアニメ「名探偵コナン 犯人の犯沢さん」の大地丙太郎監督が登場し、同作の制作の裏側を語った。

 大地監督は、犯沢さんを演じる声優の蒼井翔太さんについて「本編を見ていただいた方には分かると思いますが、8割から9割、蒼井くんがしゃべっています。収録は(1話分を)一発で録(と)っているんです。蒼井くんには、黒い人(犯沢さん)は、場面によってキャラを変えていいという話をしていて、殺人を考えているところは時代劇の悪代官のような感じで、次の瞬間には可愛くなったり。そういう演出を私自身も初めてやりました。蒼井くんは幅広いキャラを一発でこなす。見事でした」と絶賛した。

 アニメの予告編は、ドラマ「探偵物語」で松田優作さんが演じる工藤俊作をイメージしているといい、大地監督は「現場で蒼井くんに松田優作さんの映像を見てもらって『こんな感じで』と(笑い)。僕のリクエストに200%で応えてもらっています」と笑顔で語っていた。

 トークイベントは2部構成で第1部「ハロウィンの花嫁」パートには読売テレビの汐口武史プロデューサー、東宝の林原祥一宣伝プロデューサー、東急の星野ゆりさん、第2部「犯人の犯沢さん」パートに大地監督が登場した。

 「犯人の犯沢さん」は、かんばまゆこさんによるギャグマンガで、2017年7月に「少年サンデーS」(小学館)で連載をスタート。米花町を舞台に「名探偵コナン」の犯人である正体不明の人物をシルエットで描いた“黒い人”(犯人の犯沢さん)の日常を描いている。アニメは、「おじゃる丸」「セクシーコマンド 外伝 すごいよ!!マサルさん」などの大地さんが監督を務める。TOKYO MXほかで放送中。

写真を見る全 8 枚

アニメ 最新記事