BASTARD!!:新作アニメがテレビ放送 BS11で連続2クール

「BASTARD!! ー暗黒の破壊神-」のビジュアル(C)萩原一至/集英社・BASTARD!! 製作委員会
1 / 2
「BASTARD!! ー暗黒の破壊神-」のビジュアル(C)萩原一至/集英社・BASTARD!! 製作委員会

 萩原一至さんの“伝説”のファンタジーマンガが原作の新作アニメ「BASTARD!! ー暗黒の破壊神-」が、BS11で2023年1月10日から放送されることが分かった。Netflixで配信中のアニメで、テレビアニメとして放送されることになった。連続2クールで全24話が放送される。ガラ役の声優の安元洋貴さんは「思いを込めたものを必死こいてやっている結実な作品で、それがまた放送されるのでもう一度見ていただければうれしいです」とコメントを寄せている。

 「BASTARD!!」は、1987年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)に読み切り「WIZARD!!~爆炎の征服者~」が掲載され、1988年に連載をスタート。近代文明の崩壊から400年後、魔法と剣が支配する混沌(こんとん)の中にあった世界で、かつて世界支配をもくろんだ最強にして最狂、伝説の魔法使いダーク・シュナイダーが復活し、活躍する姿を描いている。「ウルトラジャンプ」(同)などでも連載されたが、長期休載している。コミックスの累計発行部数は3000万部以上。

 1992~93年にOVA(オリジナル・ビデオ・アニメ)が制作されており、約30年ぶりにアニメ化されたことも話題になっている。

写真を見る全 2 枚

アニメ 最新記事