仮面ライダーギーツ×リバイス MOVIEバトルロワイヤル:ゲスト声優に仮面ライダーシリーズと“同い年”の錦鯉・長谷川雅紀 幸四郎に宿る赤ちゃん悪魔役

12月23日公開の「仮面ライダーギーツ×リバイス MOVIEバトルロワイヤル」でゲスト声優を務める「錦鯉」の長谷川雅紀さん 「ギーツ/リバイス」製作委員会(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映
1 / 3
12月23日公開の「仮面ライダーギーツ×リバイス MOVIEバトルロワイヤル」でゲスト声優を務める「錦鯉」の長谷川雅紀さん 「ギーツ/リバイス」製作委員会(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

 特撮ドラマ「仮面ライダーギーツ」(テレビ朝日系、日曜午前9時)と、2021~22年放送の「仮面ライダーリバイス」(同)の最新作映画「仮面ライダーギーツ×リバイス MOVIEバトルロワイヤル」(柴崎貴行監督、12月23日公開)に、お笑いコンビ「錦鯉」の長谷川雅紀さんがゲスト声優として出演することが分かった。「リバイス」の主人公一家、五十嵐家に新たに誕生した三男・幸四郎に宿る悪魔を演じる。

 映画は、五十嵐家に新たに誕生した三男・幸四郎に宿る“赤ちゃん悪魔”(声・長谷川さん)が、突如として現れた敵に奪われてしまったことをきっかけに、仮面ライダーによるバトルロワイヤルゲームが始まり……と展開する。

 長谷川さんは今作が実写映画の声優初挑戦で、物語のキーパーソンを演じることになった。長谷川さんは「去年、仮面ライダーが50周年というのを知り『1971年! 同い年だ!』」と思った矢先、今回の出演のお話をいただいて本当に縁があると思いました」と喜びのコメント。「赤ちゃんに宿る悪魔の声ということで、赤ちゃんっぽい声でいいのかなと思ったのですが、監督から『僕らしい感じでやってくれ』と言われたので、それならばと思い切りやらせていただきました」と振り返った。

 映画は「リバイス」「ギーツ」のクロスオーバー作品となり、リバイスの“最後の物語”となる第1部、ギーツとリバイスが共演する第2部の“シームレス2部構成”。今年で放送開始20周年を迎えた「仮面ライダー龍騎」(2002~03年)の仮面ライダーたちも登場する。

写真を見る全 3 枚

アニメ 最新記事