w-inds.:2人体制で迎えたデビュー20周年「w-inds.とは何かと考えたことも」 ライブへの思いや今後を語る

「w-inds. LIVE TOUR 2022“We are”」東京公演がWOWOWで放送・配信されるw-inds.
1 / 7
「w-inds. LIVE TOUR 2022“We are”」東京公演がWOWOWで放送・配信されるw-inds.

 2021年にデビュー20周年を迎えたダンスボーカルユニット「w-inds.」。インタビューを交えた20年間のライブ集「w-inds. Live Selection」が11月22日に、最新ツアー「w-inds. LIVE TOUR 2022 “We are”」の東京国際フォーラム(東京都千代田区)公演の模様が12月28日にWOWOWで放送・配信される。2020年5月に、2人体制で再スタートを切ったw-inds.の橘慶太さんと千葉凉平さんに、20周年を迎えた心境、ライブへの思いや番組の見どころ、抱負などを聞いた。

 ◇危機を乗り越えて20周年

 2021年の20周年に際して、「この世界で活動を続けるのは大変なこと。無事に迎えられた時は安心しました」と橘さんは語る。千葉さんは「これだけの年数を重ねてこられたのは、ファンの方が長く応援してくれているからこそ。本当にありがたいです」と感謝の意を表しつつ、「事務所の先輩方(「MAX」や「DA PUMP」など)がもっと長くやっていらっしゃるので、背中を追うばかり」と謙虚な姿勢を見せる。

 デビュー当時について、千葉さんは「ただ楽しく(パフォーマンスを)やっていたというか。それが伝わってお客さんが応援してくれていたと思うんですけど、その中で『どうやったらカッコイイと思ってもらえるか。どうやったら歌や音楽も含めて伝えられるか』みたいなことを、少しずつ足していって今に至る感じです。最初は本当に手探りでした」と振り返る。

 3人組グループとして活動してきたが、2020年5月から2人体制になり、橘さんは「2人になった時は、自分たちの中でも“危機”じゃないですけど、考えることが多かったです。もちろん『w-inds.とは何だろう』とも考えました」と明かす。

 だが「『やれるだけやってみよう』というところから、少しずつ前向きになった」という。ちょうどコロナ禍でもあったため、オンラインで2人体制での初ライブを披露。橘さんは「やっているうちに少しずつ自分たちの新しいスタイルを見いだすようになって、ようやく自信もついてきた。『これなら、今まで応援してくれていた皆さんの期待を裏切らずにパフォーマンスができたり、音楽を届けたりすることができるかな』って」と当時の心境を吐露する。

 千葉さんも「コロナ禍の期間があって、ある意味、良かったのかもしれない。いきなり生の有観客ライブをやるのはもっと勇気が必要だったと思うし。オンラインライブで一つ新しい形を試すことができて、『これでいけるかも』という確信を得られたというか。なので、あの時期も僕らにとっては無駄じゃなくて、すごくいい時間だったなと思います」と実感を込めて語る。

 ◇「もはや別人」!? 20年間の軌跡をたどるライブ集

 11月放送の番組「w-inds. Live Selection」は、デビュー以来、この20年間で行われたライブの中から、メンバーが自ら選んだ映像で構成されている。過去のライブ映像を見て、千葉さんは「今やっても面白そうだな、という演出もある」といい、橘さんは「今でも影響を受けるというか、自分たちにとって刺激になる部分がある」と自身のパフォーマンスを分析する。

 セレクトの基準は、「“このライブの演出やオープニングが好きだったな”とか“このときは自分の歌声の調子がよかったな”とか。自分がどうしても歌を聴いてほしい、というバラードも入っています」と橘さん。千葉さんは「自分の視点から見ている景色だったり、そのときの感情だったり。印象が強いと、今、見ても当時の感情を思い出すので、そういう映像は優先的に選んでいるかもしれない」と語る。

 番組の見どころについて、橘さんは「20年って人が成人する年月なので、最初のライブと最近のライブでは、もはや別人なんです(笑い)。それがめちゃくちゃ面白い。僕たちはダンスボーカルというジャンルの中で、そのときのトレンドのダンスや楽曲、歌を続けてきているんですけど、そういう時代の流れを感じてもらえるようになっているし、w-inds.の歴史を知るにはすごくいい映像になっていると思います」と語る。千葉さんも「同じ瞬間がないというか、毎年、変わり続けているその変化を楽しんでほしいです。スタートが16、17歳くらいの映像なので、見た目だけでもすごく変化しているし、音楽性、歌声、ダンスの変化も見ていて面白いです」とアピールした。

 ◇最新ツアーはこれまでの活動の「集大成」

 12月放送の番組「w-inds. LIVE TOUR 2022 “We are”」では、最新アルバム「20XX “We are”」を携えて8月からスタートした同名ツアーのうち、10月26日の東京国際フォーラム ホールAでのライブの模様を放送する。2人体制になってから初の全国ツアーであるとともに、千葉さんいわく、これまでのw-inds.の「集大成」ともいえるステージになっている。

 橘さんは「新しいナンバーから過去のナンバーまで幅広くパフォーマンスしていたり、曲を自分たちでアレンジするサウンド面での強みだったり、“歌って踊る”という部分だったり……。本当にこの20年間のすべてを詰め込んだようなツアーになっています。11月の番組と併せて、12月のこの映像を見てもらえると、w-inds.がどういうものを経てこのスタイルになったか、というのを感じてもらえるんじゃないかなって。2人体制になって新たな自分たちのスタイルを示すというか、ツアーを通して『これが僕たちだよ』と伝えたかったというのもあって、タイトルも“We are”なんです」と語る。

 CD音源とは異なる楽曲のサウンドアプローチも今回のツアーのポイントで、千葉さんは「ライブならではのバンドアレンジで、また一段階変わったサウンドで届けるという趣向になっていて、僕自身もやっていてすごく楽しかった」という。

 今回、放送される東京公演を改めて振り返り、橘さんは「これがWOWOWで流れるんだな、と思うとメチャクチャ緊張しました。この公演の2日前ぐらいに会った知り合いから『もう(ライブの)スイッチが入ってるんだね』って言われるぐらい(雰囲気が)違ったらしいです」と笑顔で明かす。千葉さんも「緊張感はありましたけど、それだけ特別な空間だったんだと思います」と語る。

 2人共、「緊張感やプレッシャーすらも楽しめた」「すごく楽しかった」といい、千葉さんは「最初は、お客さんからもピシッとした(緊張気味の)雰囲気を感じたんですけど、それがどんどん柔らかくなっていくのを感じながらやっていました」と充実感をにじませる。さらに橘さんは「2人体制で初めてのツアーということや、自分たちの20年の歴史が詰まったライブになっているという意味でも、僕たちの思いがより強くステージに込められています。その熱量を映像でも感じ取ってもらえたらうれしいです」とアピールする。

 ◇10年後は次世代に「刺激を与えられるレジェンドのような存在に」

 w-inds.は、2017年から橘さんによるセルフプロデュースを本格化させた。作詞・作曲・編曲も自ら手がけ、制作面でもステップアップを遂げている。橘さんはアーティストに楽曲提供をする作家としても活躍中だ。そんなw-inds.に10年後の未来像を聞いた。。

 「制作することがすごく好き」という橘さんは、個人としても「人に楽曲を作ったり、ライブの演出をしたり。人の作品の制作に携わるような活動を増やしていけたら」と意欲を見せる。千葉さんも「動けている限りは、さらにダンスがうまくなっていたいです」と将来を見据える。

 グループとしては、橘さんが「レジェンドになっていたいですね。若い人たちに『おう、やってるか?』みたいな感じになっていたいです」と笑いを交えて語ると、千葉さんも「リスペクトされたいですね」と続ける。20年以上、ダンスボーカルというエンターテインメントを追求し続けてきたアーティストとして、橘さんは「w-inds.という存在がいろんな人に刺激を与えて、新しいダンスグループがたくさん出てくるというのが理想ですね」と目を輝かせた。

 (取材・文・撮影/水白京)

写真を見る全 7 枚

芸能 最新記事